Category Archives: Projects

For Constructing Subjects

Because Nuclear Power Takes Away Our Being Alive From Us – A Communiqué for June 12th

By TODOS SOMOS JAPON

Photo: Letter from H
Prime Minister Yoshihiko Noda stressed Friday that restarting the Oi nuclear plant in Fukui Prefecture is crucial to meet the nation’s energy needs this summer and to ensure sustainable economic growth.
-via The Japan Times

Ever since that day in March 2011, many things in our everyday life have been taken away from us, especially from those who live under the rain of radiation. Continue reading Because Nuclear Power Takes Away Our Being Alive From Us – A Communiqué for June 12th

We too, We will go to Valognes

by ANTI-CASTOR COMMITTEE OF TARNAC

Photo: VALOGNES STOP CASTOR
Original text in French CLICK HERE
(Scroll down for English translation)

われわれもヴァローニュへ赴くだろう!1

タルナック 反カスター委員会

2011年11月21日月曜日

http://www.soutien11novembre.org/spip.php?article569 より。

福島、あれから八ヶ月たった。原子力の惨劇の後、「通常への回帰」はありえない。世界は新しい状況にある。支配的メディアが、人々に甘んじて受け入れる以外ないと言いつのる新しい被災の地理学である。福島の暴発のスペクタクルは、地球全土にライブストリームで報道された。貪る様に見入る観衆に一刻一刻と送り届けられる無内容なハイライトは、今日この破局の結末に関して完全な沈黙を命ずる論理に従っている。日本はこれまでに44基の原子炉を運転中止し、稼働しているのは10基のみであることを、東京では、人々は原子力の恩恵よりも停電を好むことを、誰が知っているだろう? Continue reading We too, We will go to Valognes

Communiqué for the 99%

by TODOS SOMOS JAPON

Photo: Mlle.Ada

(original text in English below)

99%へのコミュニケ

ここ最近の金融界/政治界のエンドゲームが限界に達するのと同時に、われわれは北アフリカ、中近東の革命、そしてヨーロッパや南米の反乱を目撃してきた。その間、極東では「福島3.11」が生起し、地球上の全生命活動にとっての終末的段階を示してきている。また今や合衆国全土にわたり、ニューヨークやその他無数の都市において人々による占拠(オキュペーション)が進行している。われわれは大衆蜂起と終末的危機――つまり地球的内戦の時局にある。 Continue reading Communiqué for the 99%

Statement for NYC General Assembly

<jfissures.org> endorse and support NYC General Assembly, occupying Zuccotti Park in Wall Street area at the moment. This is a great attempt
to establish a new form of social life and popular politics (anti-politics) and further spread the assembly to various neighborhoods.

<jfissures.org>は、現在ウォールストリート近くのズコッティ公園を占拠しているNYC General Assemblyを評価し支援する。

これは新しい社会的生活と大衆的政治(反政治)の形式を確立し、それを様々な近隣地域に広げて行こうとする偉大な試みである。

To Foreign Comrades

by GURU

(日本語による原文下部に掲載)

Hello to friends in overseas. This is Guru from Osaka.

It’s been almost two months since 3/11. While many emotions have mingled at the time of moving forward, I can finally write a letter now. Thanks to Marina and others, their letters greatly empowered me. Continue reading To Foreign Comrades

In the Streets We Become Cattle — Towards a theory of demonstrations

by ANIMAL INSURRECTION COMMITTEE

(日本語による原文下部に掲載)
(Translation by Max Black)

This is not a mobile freak show. Those cameras and cell phones you’re showing off: what are their cold eyes pointing at? What are they asking? Continue reading In the Streets We Become Cattle — Towards a theory of demonstrations

Statement for June 11 — Todos Somos Japon

(Original text in English below)

6/11のための声明——われわれみなが日本である [Todos Somos Japon]!

シルビア•フェデリッチ

今日ここに、皆さんと共にいられないことがまことに残念です。わたしが自ら、日本の人々との連帯を表明し、地球上に遍在する全ての原子力発電所を封鎖する呼びかけを行うために。

われわれにとって、その結末が見えない福島の原子力災害は、誰も無視しえないことです。今現在そして今後も、無際限の歳月にわたり日本の大気と海域から放出され続けるセシウムとプルトニウムが、風と海流によってわれわれの元に届けられるのは時間の問題です。それと同様、恐るべきなのは、日本政府とわれわれの政府の対応です。三つの原子炉の溶解を目の当りにしながらも、日本の権力は、発電所近郊の住民を除いて、民衆を避難させることを拒否しています。そしてまた、愛国の名において、福島の野菜を消費することを人々に奨励し、 放射性物質の摂取量を健康基準の二十倍もつり上げています。最近(ある地域では)、専門家がすべきことであるという能書きで、母親たちが自ら子供達があずけられている保育所の放射能レベルを測定することを禁じていると聞きました。

自らの手で触れたり、息をすることで汚染されていく煩悶と共に生きねばならない、福島とその近郊の人々の健康に対するこの露骨な無視に、われわれは抗議します。しかしそこで、われわれの政府は、それよりましだといえるでしょうか?

原子力を保持すること、それに対する代案はないこと、災害という経験は学習にもなることーーこの巨大な破局もこうした姿勢の再保証に帰結してしまったことは、今や様々な報道が語って憚りないのです。この政府が300億ドルもの予算を費やして、この国に原子力発電所を増設する企画を思いとどまらせるものは、何もないのでしょう。われわれの生命がどうなろうと、われわれの経済はそれに依拠しているのだからと、主張しています。

だが、われわれはそれが真実からほど遠いことを知っています。ドイツでは、選挙票の減少が、アンジェラ•メルケルにここ三年の内に全ての原発を閉鎖することを決意させました。それは結局、福島の爆発のニュースが伝わるや否や、ドイツ民衆が道にあふれ、そして以後、投票によって、自分たちはもう原子力による破局の脅威の中で生きて行くことはしないと意思表示したことによっているのです。

われわれも同じメッセージを送らねばなりません。原子力産業と自らの選挙運動がそれに依拠している共犯的政治家に対抗すべく強力な運動を構築せねばなりません。同時に、この災害に責任がある日本政府と原子力産業に圧力をかけ、原子炉の爆発後、直ちに彼らがすべきだったことをさせねばなりません。

  • 影響を受けているすべての地域の人々を避難させること。
  • 独立した監視員たちによって採取された信頼できる日々の情報を提供し、民衆に配布すること。
  • 身体的影響に関与するすべての出費を保証すること。
  • 立ち退かねばならなかった家、失った職と収入、使用不能になった公園や農場について、人々に賠償すること。

さいごに、われわれの心は、ことに日本の女性達とともにあります。聞くところによると、彼女達こそが、日本政府のナショナリズムと犠牲を煽り立てる宣伝工作に対して最も強力に対抗しているからです。彼女らこそが、日本では全てがうまくいっていると、この原子力災害は生きるに差し障りはないと、世界に示す為に、家族全員に放射能に汚染された食品を消費するよう強要する自殺的論理に対して、闘争していると理解しています。彼女らの闘争は、われわれの闘争であり、彼女らの抵抗は、われわれの支援を必要としているのです。

PDF (日本語)

———————————————-

Statement for June 11—Todos Somos Japon

Silvia Federici

It is with great regret that I cannot be with you, here today, to express in person my solidarity with the people of Japan and call for the shut down of all nuclear plants across the planet.

The Fukushima nuclear disaster, whose end is not in sight, is something none of us can afford to ignore. It is a matter of time before the winds and sea currents bring to us the  caesium and plutonium that now and for indefinite number of months to come will be released into the air and coastal waters of Japan. Equally worrisome have been the response of the Japanese government and our government as well to it. In the face of the meltdown of three nuclear reactors, the Japanese authorities have refused to evacuate the people affected except in the immediate vicinity of the plants. They have urged the population to continue to consume vegetables produced near Fukushima, arguing it is a patriotic act. They have raised by 20 times the amount of radiation deemed acceptable by health standards. In recent days, they have even forbidden mothers from directly monitoring radiation levels at the children’s schools stating it is a job for experts.

We protest this blatant disregard for the wellbeing of the population in the Fukushima area who must now live with the anguish of knowing that all they touch and breath may be contaminated. But has our government fared better?

Fast on the heels of reports testifying to the immensity of the catastrophe have come the reassurances that nuclear power is here to stay, that no alternatives exist to it, and disaster can be a learning experience. Nothing, it seems, can dissuade this government from its decision to contribute –with 30 billion dollars– to the planned proliferation of nuclear plants in this country. Our economy –we are told— depends on it –whatever the cost for our lives.

But we know this is far from the truth. An electoral set back was sufficient to convince Angela Merkel to announce the closures of all nuclear plants within the next three years in Germany –as people there, immediately after the news of the Fukushima explosion circulated, went to the streets, and later, through their votes, made it clear that they would no longer accept to live with the threat nuclear catastrophe over their heads.

We need to send the same message, building a strong movement capable of standing up to the nuclear industry and the cohorts of politicians whose electoral campaigns depend on it. Meanwhile let us put pressure on the Japanese government and the nuclear industry, which is responsible for the disaster, to force them to do what they should have done immediately after the reactors’ explosions.

  • Evacuate all the people in the areas affected.
  • Provide day to day reliable information, gathered by independent monitors and widely distributed to the population.
  • Cover all health related expenses.
  • Compensate people for the houses they must vacate, the jobs and income lost, the parks and gardens turned forever into wastelands.

In conclusion, our thoughts should go especially to the women of Japan who, we are told, are those who are most strongly opposed to the government propaganda about patriotism and sacrifice. We understand they are struggling to resist this suicidal logic, which demands their families consume radioactive products to show the world that all is well in this country and a nuclear disaster is something we can live with. Their struggle is our struggle and their resistance needs our support.

PDF (English)