n.o.n.u.k.e.s. film & talk vol.2: RADIOACTIVISTS

Friday, April 13th, 7pm (film begins promptly at 7:15)

@ Cage – 83 Hester Street, New York, NY 10002 (between Orchard & Allen St.)

F train to East Broadway / B, D train to Grand Street

FREE

Join us for an evening of film and video-chat with activists in Japan.

All are invited to together cultivate our power to end nuclear power. Nuclear energy and its role in our society involves an enormous complexity, which prevents us from even simply acquiring basic knowledge like why nuclear power is dangerous. So why not begin ending it with watching a film together and chatting together to think about the current catastrophe, history, and the post-Fukushima movement which has also spread to NYC? Bring your questions and ideas to share.

FILM:

RADIOACTIVISTS — Protest in Japan since Fukushima

Germany/Japan | 2011 | 72 min.

Directors: Julia Leser & Clarissa Seidel

The two filmmakers explore post-Fukushima activism in Japan, illuminating the backgrounds of current movements, protests and critical voices which keep getting louder, not only in Japan. http://radioactivists.org

Read more about the film & directors statement HERE

 

TALK:

A post-screening discussion featuring Kaya Hanasaki and Takuro Higuchi (Japan)

Kaya Hanasaki is a lecturer in Fine Arts and a creator in performance arts. Since 3.11, 2011, she has been participating in numerous demonstrations for the total abolishment of nuclear power plants.

Takuro Higuchi has been involved in organizing post-3.11 NoNukes protests with Shiroto No Ran (Amateur Riot) in Tokyo, especially active in taking the Alta Square at the 6.11 Shinjuku demo as well as in protesting against the police crackdown at 9.11 demo. Having spent a week in October at the Occupy Wall St. in NY, he is currently seeking possibilities for solidarity action with the General Strike in May.

 

映画『レディオアクティビストたち』

ドイツ/日本 | 2011年 | 72分

<監督紹介>

ジュリア・レザー(Julia Leser)
1987年生まれ、ドイツのエアフルトで育つ。高校卒業後、2008年10月よりライプツィヒ大学で日本研究と政治学を学び始める。2011年8月まで早 稲田大学に一年間留学していたが、3月11日の地震の後の原発事故のために中断された。しかし、この経験から’RADIOACTIVISTS’のドキュメ ンタリー計画が持ちあがった。

クラリッサ・ザイデル(Clarissa Seidel)
1985年生まれ、ドイツのインゴルシュタット出身。ドイツのハレ大学で異文化コミュニケーションとメディア・コミュニケーション研究を学び、2011年 1月までスペインのマドリードで視聴覚コミュニケーションを学んだ。大学卒業後、日本へ旅行するが、3月11日の地震で終わった。福島原発事故の経験が、 ドキュメンタリーフィルムプロジェクト’RADIOACTIVISTS’を生み出した。

<監督メッセージ>

3月11日に地震が起きた時、私たちは二人とも日本にいましたが、福島原発の最初の爆発が起きてドイツへ戻ることを決心しました。日本は安全ではないと感じ、メディアを信用できなかったからです。

しかし、数週間後に東京で起きた初の反原発デモのことを耳にすると、私たちはそれらのデモの歴史的重要性に気づきました。大学で日本研究をする学生だったため、私(Julia
Leser)は既に日本の抵抗文化に関するリサーチを行っており、日本では街角のデモはむしろ珍しい光景だと知っていたからです。さらに、断片的な日本の メディア報道と、「勇敢」で「ストイック」な日本人のステレオタイプ化を行う日本国外のメディアを比較すると、私たちは現実に何が起きているのかを報告し なければという強い衝動に駆られました。私たちはこれらの新しい抵抗を歴史的・社会的文脈の中で分析し、原子力に反対する人々に彼らの闘いについて語る場 を提供したかったのです。そこで私たちは東京へ戻り、現在の反原発運動に関するドキュメンタリーを撮影しました。

2011年5月から6月の間に、私たちはデモの場で撮影をし、デモを組織した活動家と話をしました。また、日本の知識人(社会学者や政治学者)とも、現在の抵抗の重要性について語り合いました。

この間、私たちは多くの人々に会い、この新しい形の運動を捉えた興味深い映像を山ほど撮りためました。この運動は、多くのグループや組織を結びつけるよう に思えますし、日本の政治と社会に大きな変化を引き起こすかもしれません。ドキュメンタリーの中で、私たちは歴史的意義のある運動の挑戦と成功を示しなが ら、そのエネルギーを映像におさめました。

 

上映後のディスカッション:スカイプにて東京より花崎草さんと樋口拓朗さんをむかえて近況などをうかがいます。

花崎草(Kaya Hanasaki):パフォーマンスを中心に表現活動をおこなう。3.11以降、全原発廃炉にむけてデモなどのアクションに参加。

樋口拓朗 (Takuro Higuchi) : 3.11以後、素人の乱が主催する原発やめろデモの組織化にかかわり、6.11の原発やめろ広場の出現や、9.11の大弾圧への抗議に携わる。10月にはニューヨークのOWSに赴き、現在は、5月のゼネストに日本から呼応する可能性を探っている。

6.11 原発いらないデモ

 

 [Back to EVENTS Page]

 

 

One thought on “n.o.n.u.k.e.s. film & talk vol.2: RADIOACTIVISTS”

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Exchanging Thoughts Since 3.11 Great Eastern Earthquake & Tokyo Electric Power's Fukushima Nuclear Crisis

%d bloggers like this: