We too, We will go to Valognes

by ANTI-CASTOR COMMITTEE OF TARNAC Photo: VALOGNES STOP CASTOR Original text in French CLICK HERE (Scroll down for English translation) われわれもヴァローニュへ赴くだろう!1 タルナック 反カスター委員会 2011年11月21日月曜日 http://www.soutien11novembre.org/spip.php?article569 より。 福島、あれから八ヶ月たった。原子力の惨劇の後、「通常への回帰」はありえない。世界は新しい状況にある。支配的メディアが、人々に甘んじて受け入れる以外ないと言いつのる新しい被災の地理学である。福島の暴発のスペクタクルは、地球全土にライブストリームで報道された。貪る様に見入る観衆に一刻一刻と送り届けられる無内容なハイライトは、今日この破局の結末に関して完全な沈黙を命ずる論理に従っている。日本はこれまでに44基の原子炉を運転中止し、稼働しているのは10基のみであることを、東京では、人々は原子力の恩恵よりも停電を好むことを、誰が知っているだろう? Advertisements