FORUM::: RadioActivity! – Creating Everyday Revolution After Fukushima

Sunday October 7th, 2012 11am-9pm @ 16 Beaver: 16 Beaver Street 4th Floor, New York, NY 10004 [MAP] Subway: 4/5 train to Bowling Green Free Childcare is provided. [RSVP on Facebook] Where we are at today after Fukushima in the struggles against nuclear power – that is the question. As news from Japan slowly reveal … Continue reading FORUM::: RadioActivity! – Creating Everyday Revolution After Fukushima

People Who Transcend Catastrophe: Connecting the Radiation-Measuring Movement to People’s Movements around the World

by MANUEL YANG (日本語による原文、下部に掲載。スクロールダウンしてお読みください。) Interview with Manuel Yang (Interviewer: Yoshihiko Ikegami) Recorded on September 10, 2011 at Kunitachi The Radiation-Measuring Movement is a Class Struggle —Manuel Yang, you’ve been active as a scholar of radical Atlantic and Pacific history and as a fellow traveler of the Midnight Notes Collective, a Marxist theory-activist group that emerged … Continue reading People Who Transcend Catastrophe: Connecting the Radiation-Measuring Movement to People’s Movements around the World

Fukushima: A Call for Women’s Leadership

by ARIEL SALLEH Photo: Sandocap (Scroll down for the original text in English) 福島ー女性のリーダーシップへ アリエル・サレー1 2011年3月11日、日本の福島原子力発電所が強力な地震と津波に襲われた。同定不能な地帯が居住不能になり,数千人もの人々が、自らの環境を侵す様々な放射能の毒性レベルを吸い込み,触れ、食し、飲まぬようにして暮している。オーストラリアのBHP Billiton社のオリンピック•ダムやRio Tintoグループのランガー鉱山が、この原子炉にウラニウムを輸出したと言われている。今や、混乱、怒り、病、身体障害が、今後幾年にもわたり、日本人の生活を特徴づけることになるだろう2。

An Elementary Algebra of Common Goods and Evils

by FERRUCCIO GAMBINO Photo: Kyodo News / AP Photo (Originally written in Italian, English translation below) 共通の善と共通の悪の基本代数 フェルッチオ•ガンビーノ1 (和訳:マヌエル•ヤン+ jfissures) 1: 共通の善/共有物と共通の悪を理解し、概念化する前から、資本主義はそれらにまつわる基本代数を使用していた。むかし、資本は損失の社会化と利潤の私有化の為にあると言われていた。しかし、ある部門において、利潤と地代双方にとっての複合有利が、共有化された悪しきものとねじれた形でつなげられている。この現象をことさら明瞭に示しているのは原子力部門である。

Dystopia of Civil Society — Part 2

(日本語による原文下部に掲載) Dystopia of Civil Society — Part 2 Chigaya Kinoshita (Trainslation by Max Black) Silvia Federici and George Caffentzis’s “Must we Rebuilt their Anthill?” is very rich in suggestions, and includes indicators to Japan’s present and future as well as showing an important direction for the re-posing of the question of the relationship between Japanese … Continue reading Dystopia of Civil Society — Part 2

Must We Rebuild Their Anthill? A Letter to/for Japanese Comrades

by Silvia Federici & George Caffentzis (Original text in English below) 彼らの蟻塚を再建する必要はあるのか? ——日本の同志たちへの手紙 シルビア・フェデリッチ/ジョージ・カフェンシス (和訳:木下ちがや) 同志たちへ 人々の命が失われ、その行方がわからない苦しみの最中に、地震、津波、そして想像を超えるような原子炉のメルトダウンによって引き起こされる計り知れない破壊から生活の再建を図ろうとしている最中に、みなさんに連帯を表明するために、私たちはこの文章を書いている。またこれまでの歴史上で最も恐ろしい原子力災害によって記されるこの時局が、われわれの今後にとって、反資本主義社会運動の行方にとって、そして本質的な日常生活の再生産にとって、何を意味するのか、みなさんと一緒に考えるためにこの文章を書いている。