Fukushima: A Call for Women’s Leadership

by ARIEL SALLEH Photo: Sandocap (Scroll down for the original text in English) 福島ー女性のリーダーシップへ アリエル・サレー1 2011年3月11日、日本の福島原子力発電所が強力な地震と津波に襲われた。同定不能な地帯が居住不能になり,数千人もの人々が、自らの環境を侵す様々な放射能の毒性レベルを吸い込み,触れ、食し、飲まぬようにして暮している。オーストラリアのBHP Billiton社のオリンピック•ダムやRio Tintoグループのランガー鉱山が、この原子炉にウラニウムを輸出したと言われている。今や、混乱、怒り、病、身体障害が、今後幾年にもわたり、日本人の生活を特徴づけることになるだろう2。 Advertisements