Category Archives: Global

略奪行為の擁護論

ot-383

この記事の原文『In Defense of Looting』は2014年8月21日付 The New Inquiry に掲載されました。

略奪行為の擁護論

ウィリー・オスターワイル (Willie Osterweil)

 アメリカ史の大半において反白人至上主義の反対運動の中最も正当かつ効率的な策略は、略奪だった。

ミズーリ州ファーガソンで抗議を続ける人々の勢いが衰えを見せない中で、マイケル・ブラウンJr.が警官に殺されてからちょうど1週間を迎えようとしていた。その頃、ツイッターの一部やプロテスターに同調していた左派のメディアの大方は、略奪行為をする人々をきびしく批判し始めた。 Continue reading 略奪行為の擁護論

Advertisements

We Just Want to Have a Family – An Interview with former U.S. Sailors Jaime Plym and Maurice Enis

by TODOS SOMOS JAPON

Jaime Plym (right) and Maurice Enis (left) speak at FUKUSHIMA FALLOUT in Stony Point, NY. Photo courtesy of Sachiko Akama  | ニューヨークでのイベントFUKUSHIMA FALLOUTで話すジェイミー・プリムさん(右)とモーリス・エニスさん(左)写真:赤間幸子
(English transcript is below Japanese – scroll down to read: We Just Want to Have a Family – An Interview with former US Sailors Jaime Plym and Maurice Enis)

Continue reading We Just Want to Have a Family – An Interview with former U.S. Sailors Jaime Plym and Maurice Enis

We too, We will go to Valognes

by ANTI-CASTOR COMMITTEE OF TARNAC

Photo: VALOGNES STOP CASTOR
Original text in French CLICK HERE
(Scroll down for English translation)

われわれもヴァローニュへ赴くだろう!1

タルナック 反カスター委員会

2011年11月21日月曜日

http://www.soutien11novembre.org/spip.php?article569 より。

福島、あれから八ヶ月たった。原子力の惨劇の後、「通常への回帰」はありえない。世界は新しい状況にある。支配的メディアが、人々に甘んじて受け入れる以外ないと言いつのる新しい被災の地理学である。福島の暴発のスペクタクルは、地球全土にライブストリームで報道された。貪る様に見入る観衆に一刻一刻と送り届けられる無内容なハイライトは、今日この破局の結末に関して完全な沈黙を命ずる論理に従っている。日本はこれまでに44基の原子炉を運転中止し、稼働しているのは10基のみであることを、東京では、人々は原子力の恩恵よりも停電を好むことを、誰が知っているだろう? Continue reading We too, We will go to Valognes

Fukushima: A Call for Women’s Leadership

by ARIEL SALLEH

Photo: Sandocap

(Scroll down for the original text in English)

福島ー女性のリーダーシップへ

アリエル・サレー1

2011年3月11日、日本の福島原子力発電所が強力な地震と津波に襲われた。同定不能な地帯が居住不能になり,数千人もの人々が、自らの環境を侵す様々な放射能の毒性レベルを吸い込み,触れ、食し、飲まぬようにして暮している。オーストラリアのBHP Billiton社のオリンピック•ダムやRio Tintoグループのランガー鉱山が、この原子炉にウラニウムを輸出したと言われている。今や、混乱、怒り、病、身体障害が、今後幾年にもわたり、日本人の生活を特徴づけることになるだろう2Continue reading Fukushima: A Call for Women’s Leadership