6223467163_a5e5483cff_z

Communiqué for the 99%

by TODOS SOMOS JAPON

Photo: Mlle.Ada

(original text in English below)

99%へのコミュニケ

ここ最近の金融界/政治界のエンドゲームが限界に達するのと同時に、われわれは北アフリカ、中近東の革命、そしてヨーロッパや南米の反乱を目撃してきた。その間、極東では「福島3.11」が生起し、地球上の全生命活動にとっての終末的段階を示してきている。また今や合衆国全土にわたり、ニューヨークやその他無数の都市において人々による占拠(オキュペーション)が進行している。われわれは大衆蜂起と終末的危機――つまり地球的内戦の時局にある。

こうした状況下で、10月15日地球的占拠行動(グローバル•オキュペーション)の呼びかけが、アフリカからヨーロッパへ、アメリカからアジアへ、駆け抜けている。われわれはこの趨勢と一体である。われわれはそれぞれの場所で異なった道を歩んでいるが、衝突するときは一緒だ。共に一斉に衝突することによって、われらの敵つまり「1%」は、その姿を一つの肢体として露わにするだろう。制服を身にまとい、統制しようとする全てのやからを露わにするだろう。

99%とは誰か?それはわれわれ、共通財(コモン)を、つまり環境や資源そして自らの労働と心と身体を奪われ、その代わりに共通の終りを、つまり負債と隷属と放射能を押しつけられた者たちである。そしてわれわれは、革命と死の瀬戸際にある。われわれは、名前も顔もなく、傷つき怒る地球である。だから、強奪者たちと強制者たちーーグローバル資本主義、国家権力、地球的警察機構ーーの不正に対して、最後の声を共鳴させ始めたのだ。われわれの現前が、あらゆる場所に亀裂を走らせるだろう。

われわれにとって、共通の行動様式とは占拠にある。われわれはすべてを占拠する。つまりわれわれは奪われた全てのコモンを再び奪取するのだ。自然資源から知から生産物から時空間にいたるまで、われわれは全てを占拠する。占拠という行為は、われわれ相互のコミュニケーションであり団結であり、二度と今までの日常に戻ることを要しない。

それはわれわれの反乱の総合体であり、抵抗の集合体である。

10月15日、全てを占拠しよう。地球上の何処にいようとも、われわれは多様に異なる奪われたコモンに囲まれている。われわれもまたその一部分なのだ。だからこそ、われわれは自ら占拠をすることから始めねばならない。

その時は、今だ!

2011年10月5日

 

—————————————

Communiqué for the 99%

In recent past while financial and political endgames have reached their limits, we have witnessed revolutions in North Africa, the Middle East as well as European and South American uprisings. Meanwhile in the Far East, Fukushima 3/11 has taken place, embodying the apocalyptic stage for all life activities on the planet. Now across the US, occupations in NYC and innumerable other cities are developing. We are at the moment of mass insurrection and terminal crisis – global civil war.

In this situation, calls have been made for global occupations on October 15th from Africa to Europe, from America to Asia. We are one in this impetus. We walk different paths in different places but hit together. By hitting together at once, the enemy –the 1%– will reveal itself in one body. It will reveal all those who are uniformed and in control.

Who is 99%? It is us who have been deprived of the commons: environment and resources as well as our labor, mind and body, and instead imposed upon our lives the common apocalypse: i.e., debt, servitude and radiation. Thus we are on the verge of revolution or death. Without names and faces, we are the wounded and enraged earth. Thus the ultimate voice has begun to resonate, against injustices of the looters and imposers: global capitalism, state powers and the global policing apparatus. Our presence will force ruptures everywhere.

For us occupation is the common mode of action. We occupy everything, meaning recapturing all the commons stolen from us. From natural resources, knowledge, products to space and time, we occupy everything. The act of occupation is our communication to each other and solidarity with one another to never have to go back to normal.

It is the generalization of our revolt and the collectivization of our resistance.

On October 15th, let us occupy everything. Wherever we are on the planet, we are surrounded by the stolen commons in variation; we are part of them. So we must begin by occupying ourselves.

The time is now!

10/5/11

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s