201110_29_81_d0017381_011464

Waiting for the Day

by YOSHIHIKO IKEGAMI

Photo: Ilcommonz
(日本語の原文下部に掲載)

Now only two among fifty-four reactors are at work in Japan. That is, after eleven months have passed since the nuclear accident, most of the reactors (aside from those suffered the accident) have been stopped for periodical inspection. And none among them has resumed their operation so far. If this state continues, all nuclear power plants will stop by the end of this coming April. Who on earth can envision this situation a year ago, or even right after the accident?

All media are reporting the arguments concerning the need of nuclear power plants. What will replace the energy demand if all nuclear plants stop? Not to mention electric companies, financial and industrial circles are warning against electric shortcoming. The other day, for instance, TEPCO announced raise of electric fee due to the hike of fossil fuel cost replacing nuclear energy. Such argument, that seems to be reasonable at a glance, is in fact very bizarre. For the nuclear plants continue to stop its operation one after another, totally irrespective of all these debates. The reality is developing as if it were another world to the arguments. While many people are aware of it, they pretend not to be, and behave obliviously.

The government is showing, though meagerly, its de-nuke orientation. It does not declare discontinuation of nuclear operation with a concrete plan. Financial circles also seem to admit that the times are for de-nuke. But strangely enough, nobody mentions the fact that almost none of the  reactors are working. Common parlance in social criticism stresses that nobody wants to see a bad reality, but the situation in Japan is that nobody is willing to see the good reality.

The government, financial circles and the electric companies must be wary of this situation. There is no doubt that they are awaiting a chance for resuming the operation. On the other hand, the majority of the population is quietly waiting for the day all the rest will stop, as if speaking about it would mean a bad luck. The day will come, and very soon.

Another reason that nobody speaks about it is that the coming termination is a given fact and that we are already living a world almost without nuclear power. It’s hard for us to believe that we have unexpectedly come to live this present life. This is due to the lack of our sense of reality rather than the lack of our confidence.

Then, who is stopping nuclear operation? It is we ourselves. Demonstrations are taking place everywhere,  becoming part of everyday landscape. Every week somewhere in Japan, several hundreds to several thousands people are marching. With much conflicts concerning tactics, however, they do not discourage the entire impetus. Quality and number of participants are upswing. The most symbolic at the moment is the occupation of a site at the Ministry of Economy, Trade and Industry (METI) in central Tokyo. Last September, a group of people with women from Fukushima besieged the Ministry building; since this action the occupation has developed. Today, several people are stationed around-the-clock at the site where mass appeals by the mothers from Fukushima and various teach-ins are taking place regularly. An over 70 year old participant who has been living there over three months says: “We were defeated at the struggle against the Japan/US Security Treaty of 1960 as well as that of 1970. We have been continuously defeated. But this time is different. We might win, so I can push this further.” Recently the head of the METI demanded dismissal of the occupation, but a large number of protests and supports across the nation helped it remain, and the site is alive today.

About a month ago, cesium was detected in baby formula, and the producer recalled the product. It was not a public institution but a citizens’ monitoring team in Fukushima City that detected the radioactive material. In order to measure radioactivity in food, a special device is required. The group in Fukushima bought the expensive machine together and continue their measuring practice. Their slogan reads: “think ourselves, study ourselves, measure ourselves and protect ourselves.” Encouraged by such passion of the people, Nihonmatsu City has begun to research internal exposure of the residents, with an even more expensive device that no independent organization could afford. In consequence, radioactive contamination was discovered in a newly built residential building in the city, where many of the residents are small children. This is due to the unmonitored use of irradiated building materials. The popular science is achieving solid results one after another, thanks to such practices.

Radioactive materials are not those that exist in nature. They are products of science, and can be dealt with only scientifically. Now the focus of local concerns is decontamination of the contaminated areas. This consists of washing houses and roads by water, and shaving off the topsoil where radioactive materials are accumulated. By this practice it is expected that the level of radioactivity is lowered and the residents can live there again. However, there are problems: can the level be really lowered enough for living? Where will the contaminated soil be delivered thereafter? On top of these, the work of decontamination  is left to the residents themselves, who are inevitably contaminated during such work. In reality this has become the convenient measure to prevent the collapse of communities. Therefore, the central and local governments publicize the idea that this can solve everything.

What is at stake in this situation is what the residents do — especially those who live in and around the exclusion zone in Fukushima and nearby prefectures, and those who live in the high radioactive zones including Tokyo metropolis. Can they return home after the decontamination completes? Can they even continue to live there? They are to make their decisions while watching the decontamination work that may be taking more than a year. Younger people and parents of small children tend to be suspicious of the efficiency of decontamination and lean towards evacuation. But it is hard to leave their old home and there is no guarantee for them to keep their livelihood. They are oscillating between the fear of radiation and the anxiety of survival and living. Those who live in high radioactive zones are thrown into such conflict. To confront this situation, the people are first required to be a rational scientist, who measures and analyzes the radiation data in their living environment. Secondly they need to have close and patient conversations with family members and friends. Thus begins re-creating or rethinking of relationships with others. The final judgment as to whether leaving or staying is up to the individual. And it is at this moment that everyone has to directly confront the state and capitalism. The anxiety and conflicts of the people who live there or have evacuated from there can be seen from all sorts of media reports. So it can be said that the conflicts deriving from the contradiction between the fear of radiation and the anxiety of survival and living exist at the fountainhead of people’s movements and inclinations that have stopped the majority of nuclear power plants. It is not only the movements that stop the nuclear plants; rather the measuring of radioactivity, everyday struggle and the feeling that has arose in this new situation – the sum total of these is stopping the nuclear operation in Japan. The nuclear disaster has delivered the people such long lasting everyday struggles.

According to an opinion poll that took place shortly after the accident, those who are for the immediate or future discontinuation of nuclear power amounted 60% of the population. This was deemed a high number considering the previous situation. But the poll that took place late last year showed the 80% for the abolition of nuclear power immediately or in the future. After the accident more and more people have come to think that nuclear power is unnecessary. Is this surprising or natural?

The reason for this is clear. We have learned the fact that only with two remaining reactors, we are not suffering from electric shortage at all. We are confident not only about sufficiency but also about the fact that we can live by conserving electricity. For instance, a friend told me quite casually that he had reduced his electric usage from 30 to 40% during the past year. This is exactly the situation that the nuclear industries are most afraid of. The most simple and effective way to fight the nuclear power is reduce electric usage. The practices of measuring radiation doses of the air, soil and food are but increasing with innumerable individual and group participants. Once Geiger counters were unequivocally expensive, but now many new inexpensive types are introduced into the market. Since several months ago, local governments have rented out Geiger counters to the public. Now all have been reserved for several months ahead. Our habits have been dramatically changed. The singularity of the nuclear disaster is that it has been coercing us to change our living style and everyday life on a broad spectrum. It recomposes our mutual relations and transforms expression and organization of our anger. Indeed, we have changed.

Certainly the state and capital will not overlook the ongoing termination of nuclear reactors. Now it is evident that by this coming late April, all nuclear plants will be stopped for maintenance. But we all know that they will seek to resume the operation and a long struggle is waiting ahead. They will continuously tell us that it is necessary for our satisfactory living. But again, the reality is that we are living almost totally without nuclear energy. We have long been seeking to adjust our hopes to reality. But now, the reality is adjusting itself to our existence.

We cannot predict what will happen in the late April. Interminable struggles are on-going in the regions that have nuclear plants as well as in our urban everyday life. Amidst the suffocating situation notwithstanding, we are strangely in high spirits. Our minds are lightened day by day. We are truly looking forward to the coming day. The day that we have not been able to even imagine until recently will be here. We are sure of the joy of the day.

PDF (English)

 

—————————————–

その日を待ちながら

池上善彦

日本に54基ある原発は現在3基しか稼働していない。これが原発事故から11ヶ月がたった日本の現状である。直接事故を起こした原発以外はほとんどが定期点検のための停止である。次々に停止する原子力発電所は今のところただの一基も再稼働していない。この状態が続けば、4月末にはすべての原子力発電所が停止する。一年前、いや事故が起こった直後でさえ、このようなことは誰が想像できただろうか。

原子力発電所が今後必要かどうかの議論の必要性はあらゆるメディアで語られている。もし原子力発電所をすべて廃止するならば、それに代わる代替エネルギーはどうするかの議論の必要性もすべてのメディアで議論されている。もちろん電力不足は電力会社は言うに及ばず、経済界、産業界から常に警告されている。先日も東京電力から原子力発電所が一基しか動いていないため、化石燃料費用の購入費が上がったことを理由に値上げを宣言された。一見当然に見えるこういった議論は、実はまったく奇妙なことなのである。なぜならば、あらゆる議論とはまったく関係なく、原子力発電所は次々に停止しているからだ。議論を尽くした上で原発が止まっているのではない。現実は議論とは別世界のように、進行しているのである。多くの人はこのことに気づきながら、気づかないふりを続け、現実と議論を別物であるかのように振舞っている。

政府は脱原発の方向性を微弱ながらも打ち出している。しかしそのことを高らかに宣言し、明確な廃止プランを発表しているわけではない。経済界も脱原発は時代の流れだと観念したように思われる。だが誰一人現実にはほとんど動いていないことに言及しようとしない。悪い現実を誰もみようとはしない、とは社会批評でしばしば使われる表現であるが、日本で進行している事態は、良き現実をみようとしないということなのだ。

もちろん政府および経済界、そして電力会社は多いにこの事態を危惧しているであろう。機会をうかがって、再稼働の時期を待っていることは明らかである。しかし多くの人は、口にすると良きことが逃げてしまうと言わんばかりに、黙って残りすべてが停止する日を静かに待っているのである。その日はきっと来る、しかも直ぐに。

誰もこのことを話題にしないのは、それが既定の事実であり、すでに私たちは原発の一基もない世界を生きているからである。私たちの生活にはすでに原発はもうない。それは決まったことなのであるが、その生活が、今まで予期しないことであったがために、今ひとつ信じられないのである。自信がないのではない。現実感が今ひとつ乏しいからなのだ。しかしそんな議論はもはや必要ではないことは皆が知っている。

では、誰が原発を止めているのか。それはもちろん私たち自身である。すでに街頭でのデモンストレーションは常態化している。数百人から数千人までの規模で毎週日本のどこかで、いたるところでデモンストレーションは行われるようになった。もちろん運動が常にそうであるように、デモンストレーションのやり方などをめぐって時には対立する様々な意見が噴出するがゆえに、論争は絶え間なくある。しかしそれが全体の勢いを削ぐことはなく、それまでの運動の関係性自体、人々の参加形態そのものを良い方向に変えていっている。現在象徴的意味を帯びているのは、東京の経済産業省の敷地をテントで占拠して抗議を続けている運動である。昨年の9月に福島の女性たちと共に経済産業省を包囲する運動からこの占拠運動は開始され、数人の人間が常駐し、福島の母親たちの集団的アピール、ティーチインなどが定期的に行われている。テントに三ヶ月以上住む70歳を越えた中心人物はこう言っている。「1960年の日米安保条約反対運動は敗北した。70年も同様であった。私は負け続けてきた。しかし、今回は勝てそうなんだ。だから頑張れる」。このテントはつい先日経産相大臣から撤去の要請があったが、全国から抗議のメッセージが届き、今も運動は継続中である。

一月ほど前、乳児用の粉ミルクからセシウムが検出され、交渉の末食品会社はその製品を撤収した。放射性物質を検出したのは公的機関ではない。福島県内にある市民の測定チームである。食品の放射性物質の検出には特殊な装置が必要とされる。彼らは非常に高価なその装置を共同で購入し測定を継続している。彼らのスローガンはこうである。「自分自身で考え、自分自身で勉強し、自分自身で測り、自分自身を守る」。そうした民衆の熱意に押されて二本松市も内部被曝の調査を始めた。これは民間では買うことのできないほどの高価な装置が必要とされる検査である。その結果、数週間前、市内の新築マンションが汚染されていることが発見された。汚染された建築材を使用したことが原因とされている。そこには子供達が多く住んでいる。民衆の科学は次々に成果をあげつつあるのだ。こういったことが背景にある。

放射性物質は自然界には存在しない物質であって、科学によって生み出されたものであるがゆえに、徹底的に科学的であることでしか対抗策はない。現在の現場の攻防の焦点は汚染地帯の除染である。除染とは家屋、道路の放射性物質を水で除去し、放射性物質の堆積した土壌の表土を削り取る作業である。これによって全体の放射線量が下がり、住むことが可能になることが期待されているのである。しかし、それで本当に期待された数値まで下がるのか。除去した土壌はどこに持って行くのか。また具体的作業は素人である住民に任されている。作業中に被曝は避けられない。この除染作業は共同体の崩壊を防ぐための現在の唯一の手段となっていて、あたかもこれですべてが解決するかのように政府及び自治体は宣伝している。

焦点は避難地域の住民、避難地域に指定されていない福島県および近隣の住民、東京を含む高線量地域の住民がどうするかにある。除染すれば元の地域に戻れるのか、あるいはそのままそこに暮らし続けることができるのか。その決断を長ければ一年以上はかかるであろう除染作業を見守りながら判断することになる。若い人ほど、また子供をもつ親ほど除染に対して懐疑的であり、避難を考える。しかし住み慣れた土地は離れ難く、生活手段の保証もあるわけではない。被曝の不安、生存の不安と生活の不安の間で揺れ動くのである。高線量地域に住むものはこの葛藤に投げ込まれることになる。そこでは線量は徹底的に計られなければならない。まず冷静な科学者になることが求められるのだ。そして、自分自身と、また家族と、友人と徹底して話し合いがもたれなければならない。人間関係の作り変え、あるいは再考が開始される。住むかあるいは避難するかは最終的には個人の判断に任せられる。その瞬間、国家にそして資本に直接向き合わざるを得なくなるのだ。そこに住む住民、あるいは避難した住民の不安と葛藤はあらゆるメディアから伺うことができる。生存の不安と生活の不安の矛盾から生じる葛藤こそが、ほとんどの原発を止めている運動と気持ちの原点に位置している。運動のみが原発を止めているのではない。放射線量を計測し、それを見守る日々の生活、昨日とは違うちょっとした思いのすべての総和が止めているのである。原子力災害とは、事故発生に続く長いこのような日常的葛藤と日々の戦いなのである。

事故直後の世論調査では、原発をすぐ廃止、あるいは将来的に廃止を望むものは60パーセントくらいであった。あれだけの事故があったにしては低い数字だと思われるかもしれないが、その直前のことを考えると高い数字である。そして昨年末に行われた同じ調査では80パーセント近くの者が原発の即時廃止ないしは将来的に廃止であった。事故後原発は必要ないと考える者は確実に増えているのである。これは意外なことであろうか、それとも当然のことであろうか。

理由ははっきりしている。原発が残り3基になっても、電力はまったく不足などしていないことが判明したからだ。そして、ただ足りているということだけでなく、より電気を節電しても生きて行くことができるという確信を得たからだ。先日会った友人は、この一年、その前の年に比べて3割から4割も電気の使用量を減らしたと、さりげなく私に告げた。これが原子力産業が最も恐れる事態なのだ。最もシンプルにして最上のやり方は、電気の使用を減らすことなのであった。線量を測り、土壌の放射性物質を測り、食品を測る行為は、個人であれグループであれ、もはや数が数えられないほどに増えている。かつては高価であったガイガーカウンターは、次々に安価な機種が市場に投入されている。自治体がガイガーカウンターの一般への貸し出しを数ヶ月前から始めたが、それともすでに数ヶ月先まで予約でいっぱいになっている。我々の習慣は劇的に変わったのだ。原子力災害の特異性は、広範囲に渡る生活の、日常の改変を強いることにある。それは人間関係を組み替え、怒りの組織と表現そのものを変える。我々は変わったのだ。

もちろん、全原発の停止を資本と国家が黙って見逃すわけはない。この4月に全原発が停止することは明らかだとしても、その先がさらに長いであろうことは皆が知っていることである。現実はそれではやっていけないことを繰り返し言いたてて来るであろう。しかし、現実的には現在でさえ原発はほとんどが稼働していないのである。こちらが現実である。我々は長い間我々の希望を現実に合わせようとしてきた。今、現実が我々に合わせようとしている。

現実的に4月末に事態がどうなっているのか予断は許されない状況にある。人々の日々の生活の中で、また原発のある現地での不断の戦いは継続中である。しかしこの息の詰まるような状況にもかかわらず、実は我々は妙にうきうきしている。心は日々に軽くなっていく。その日が来るのが楽しみでしょうがないのだ。少し前までまったく想像すらしなかった日がやって来るのだ。その日を歓喜の思いで迎えるであろうことを我々は確信している。

PDF (日本語)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s