P1030449SM

Editorial: All Power toward Decomposing the Global Nuclear Regime — in the Year 2012

by TODOS SOMOS JAPON

The action to blockade CASTOR in Volognes that took place November 23rd ~ 24th 2011 was a significant development, although it did not succeed in stopping the transportation of radioactive material back to Germany after having been processed in France. As we heard, it involved anti-capitalist groups of an anti-authoritarian vein, and as such announced the formation of a new front against the nuclear regime (read: not just against nuclear power), whose impetus is a testimonial to both an intensification and diversification of the anti-nuke movement. This embodies an expanding merging of the issues around nuclear power, capitalism and the state. We thus translated into English and Japanese «Nous aussi, nous irons à Valognes», communiqué du comité anti-CASTOR de Tarnac, lundi 21 novembre 2011, par soutien11novembre as a marker of this development.

Subsequently we posted an interview with two women, Kaori Izumi and Yukiko Anzai, who have been active in the anti-nuke struggles in Hokkaido, entitled “Revolution is Necessary.” Their words address the incredible hardships to continue ‘normal’ everyday life under the spread of radiation from the standpoint of reproductive workers, that is, many of the women (and mothers especially) in the society. They emphasize the disintegration of families and communities by “the temperature differences” — from taking  the nuclear issue seriously to ignoring it — to deal with the crisis. On top of that, they spoke about crucial issues around organizing opposition to the nuclear regime that is largely responsible for worsening people’s exposure to radiation. Their conclusion is that they have no trust whatsoever left in their government; that “the rich and the powerful are taking the lives of the people who live with honesty and modesty”; and that “revolution is necessary.”

In the past weeks we have been receiving more and more news that the radioactive contamination in Japan has been much worse than any of the official reports, and that it has been and will be expanding across the globe. Radiation knows no discrimination in principle: it passes through and goes into everyone’s body equally. But the effects vary: children are more susceptible than adults; the people who are unable to evacuate and still remain in the highly-irradiated vicinity of Fukushima Daiichi Plant are exposed more; the workers at the nuclear plants – especially those who work under sub-contracting and are not in official employment with TEPCO – are exposed more; farmers who work with soil; the homeless population who sleep outdoors; those who cannot flee to safer areas…
That is to say, the ways and degrees of how people are affected by radiation are largely political and social. Here exist class divisions, discrimination, exploitation, violence and all other socio-political problems with extreme intensification. Here lie responsibilities of the administration, electric companies and media. The people in Japanese will never be free from radiation, since the nuclear disaster has already happened. But, despite the fatal condition or precisely because of that, revolution is necessary. It is necessary in order to confront (i.e. not necessarily ‘to solve’) the issues of deadly radiation in an autonomous and egalitarian manner, based upon people’s needs and intentions. This is a matter of dignity and happiness as bases of living one’s life.

It is at this point that we feel it imperative to rethink the nature of the power that administrates and manages the society based upon nuclear energy – and ultimately, what we call “the global nuclear regime.”

As Robert Jungk clearly presented in The Nuclear State (1979), the threat of nuclear power is not merely to the environment, but also imposes itself over our earthly existence in all aspects: everyday life (reproduction), labor and social relations. Jungk narrates in detail what happens when technology and state power become one with the conglomeration of scientists, capitalists and state bureaucrats – a perfect apparatus as an end result. The state that embraces nuclear energy inexorably assumes a new form of social control, that is, of the most thorough and nasty kind. Its strongest advantage for rule is the capacity to hold hostage an entire nation or even the world by the threat of atomic power itself. The technology to create, manage and maintain the esoteric and dreadful entity or activity of nuclear fission is from the onset monopolistically developed by a small group of power elites, which formed the basis of the nuclear state. Nuclear operation requires highly concentrated power — capital, technology and man-power — which is equal to military operation in essence and utilized for both profit making and war, under the pretext of prosperity of popular living. This power, though it is based on a national territory, is global in essence, in terms of exportation/importation of technology, waste and electricity, militaristic threat and potential hazards.

The dangers inherent in the operation of any nuclear state go beyond boundaries of national territories and involve the entire planet. The threat won’t go away unless all the nuclear states on the planet determine to decommission their nuclear plants as well as undo their social machines born out of the nuclear management. And still we should remember that the effects won’t go away with the remaining task of cleaning up radioactive waste whose effect will endure for the coming xxx amount of time. Now with the advent of Fukushima 3/11, the issues of the nuclear state articulated by Jungk thirty odd years ago are still here, or rather present more than ever with the worst imaginable consequences realized. That is the state of the world ruled by the global nuclear regime we are in now.

The global nuclear regime is an assembly of nuclear states, nuclear capitals and international organizations that work for their own benefit, and is the zenith of industrial capitalism driven by a series of intensifying energo-genetic operations from the steam engine, coal, oil to atomic fission – and its final destination from which we cannot go any further. Whether or not a nation-state has nuclear power plants, all of them are under the rule of the global nuclear regime, be it positively or negatively, overtly or covertly, commercially or militaristically.
We feel the need of sharing the understanding about the power of the global nuclear regime, and how global capitalism is based upon that power, emphatically with those who are fighting anti-capitalist struggles across the world. Nuclear issues cannot be considered just a specific, single issue among other issues. It is what forms global capitalist and militarist apparatus on the material level. That is why it is necessary for all of us to prosecute the crime against the entire humanity of the Japanese government as the epitome of the global nuclear regime.

All the power to stop nuclear operation.
All the power to destroy the nuclear state.
All the power to decompose the global nuclear regime.

PDF (English)

Robert Jungk, The Nuclear State

—————————————–

編集記:

あらゆる勢力を世界原子力体制の解体へ

——2012年に向けて

去る11月23〜24日、ヴォローニュで試みられたカスター列車の進行を妨害する行動はーーフランスで処理された放射能廃棄物のドイツへの輸送を阻止することは出来なかったとはいえーー重要な発展であった。われわれが聞くところによると、それは反権威主義的傾向の反資本主義運動を含み、その為に、原子力体制(単に電力としての原子力ではなく)に対抗する新しい戦線の形成を記していたからだ。それは、反原子力運動の強度化と多様化を示すものであった。その趨勢は原子力、資本主義、国家にまつわる諸問題の合流を体現していた。そこでわれわれは、この発展を記すマニフェストとして、«Nous aussi, nous irons à Valognes», communiqué du comité anti-CASTOR de Tarnac, lundi 21 novembre 2011, par soutien11novembreを英語と日本語に訳すことにした。

続いてわれわれは、北海道で活動する二人の闘う女達、泉かおり、安斉由希子両氏のインタビュー「革命が起きなければいけない」を掲載した。彼女らの言表は、再生産労働者、つまり多くの女性達(そしてことさら母親達)の立場から、放射能汚染が拡大する中で、「通常」の日常生活を続けることのとてつもない厳しさを示している。それに加えて、彼女らは、人体や環境への放射能汚染の悪化の責任を持つ原子力体制との闘いを組織する上での問題点を語ってくれた。彼女らは、この危機に対する姿勢の温度差が、家庭やコミュニティーの崩壊を引き起こしていることを強調している。彼女らの結論は、以下の様である。——彼女らはもはやどのような意味でも、政府に対する信用を失っている。「力と金のあるものたちが一体となって、正直につつましく生きている者たちの命と暮らしを奪ってきている。・・・革命が起きなければいけない。」
日本における放射能汚染が、どのような公式発表よりもひどいものだったこと、またそれはこれまでも世界に拡張されて来たし、これからもそうであること、といった情報が過去数週間、次々に入って来ている。放射能は原理的にわれわれを差別しない。それは誰の身体をも、同等に通過し、またそこに入り込む。だが、その効果は異なっている。子どもは大人よりもその影響を受け易い。福島第一発電所の近辺に住み、そこから避難出来ない人々は、より多く被曝する。原子力発電所の労働者たち、全国から集められている下請け労働者たちは、より大量に晒されている。土に接する農民達、屋外でくらす野宿者たち(・・・)。
言い換えると、人々が放射能に影響される致し方と度合いは、決定的に政治的で社会的なのだ。ここには、階級分断、差別、搾取、暴力など、あらゆる社会政治的諸問題が、極端な強度化をもって介在している。ここには、行政と電力会社とメディアの責任が介在している。日本で暮らす人々が放射能から解き放されることはもうない。既に原子力災害は起こってしまったのだ。だが、そうした破滅的状況にもかかわらず、あるいはまさにそれ故に、革命が起こらねばならない。それが必須なのは、人々の必要性と意志を元にした自律的で平等主義的なやり方で、殺人的な放射能問題ーーをもはや「解決」するのではなく、それにーー直面する為なのである。これは生きることの基盤を為す、尊厳と幸福の問題である。

まさにこうした契機において、われわれは原子力を土台にした社会を統制し、管理する権力の本質について再考する必要性を感じている。それをわれわれは「世界原子力体制」と呼ぶ。
ロベール•ユンクが『原子力国家』(1979)において明瞭に示しているように、原子力の脅威は、環境に対するものだけでなく、われわれの存在の全様相ーー日常生活(再生産)、労働、社会関係ーーに対して、押しつけられている。ユンクは、科学者、資本家、国家官僚の合弁によって、テクノロジーと国家権力が合体すると何が起こるか、詳細に語っているーー結果的に出現する完璧な「装置」である。原子力を抱え込む国家は、必然的に,最も包括的で最も悪質な社会統制の形式をとる。その統治の最も強力な利点は、原子力の脅威自体を楯に、一国民全員を、あるいは世界全体を人質にとることである。核分裂というその秘儀的かつ恐るべき事象あるいは活動を、つくり出し、管理し、維持するテクノロジーは、当初から上記のエリート権力者たちの小グループによって独占的に開発され、それが原子力国家の礎となった。原子力の操作はーー資本、テクノロジー、人力などーー極度の力の集中を要請する。それは本性的に軍事的な操作と同義であり、人々の生活向上という口実において、金儲けと戦争の為に継続されている。この権力は、一国の領土内に拠点をおいているとはいえ、テクノロジーと電力と廃棄物の輸出入、軍事的圧力、災害の危険性という意味で、グローバルなものなのだ。
どの原子力体制にも宿っている危険性は、国境を越え、地球全体に拡大する可能性を孕んでいる。その脅威は、あらゆる原子力国家が、自らの原子力発電所を廃棄し、原子力管理から生まれでた社会構造を自己解体するまで、消滅することはない。そしてそれでもなお、XXX年継続するであろう、これまでに生産された放射能性廃棄物の影響を、取り除く作業が残されていることを忘れてはならない。今や福島3/11の到来によって、ユンクが30余年前に分析した原子力国家の問題は、その想像しえる最悪の結果の実現とともに、これまで以上に現前している。これがわれわれが生きる、原子力体制によって支配された世界の現状なのである。

世界原子力体制とは、原子力国家、原子力資本、そしてそれらに奉仕する国際組織の集合体である。そしてそれは蒸気、石炭、石油、核分裂とますます強化されてきたエネルギー生産に駆動されて来た産業資本主義の頂点であり、かつ最早、それ以上行き場の無い終着駅である。特定の国が、原子力発電所を持っていようといまいと、あらゆる国がーー陰に陽に、公然と極秘に、商業的に軍事的にーー世界原子力体制の支配下にあるのだ。

われわれは、ことさら世界中で反資本主義闘争を闘う人々と、世界原子力体制に関する認識を分かち合いたいと感じている。原子力問題は、数ある問題の中の一つの特殊問題ではない。これこそが、世界資本主義/軍事装置を物質的な次元で、形成しているものなのだ。だからこそ、今、世界原子力体制の権化としての日本政府による人類全体に対する犯罪を訴追する必要があるのだ。

あらゆる勢力を原子力の廃止へ!
あらゆる勢力を原子力国家の破壊へ!
あらゆる勢力を世界原子力体制の解体へ!

PDF (日本語)

ロベルト・ユンクの『原子力帝国』

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s