5695525968_03c72590fb_b

Spreading Sense of Collapse

by MASATAKE SHINOHARA

Photo: AFP/ Getty Images / Kim Jae-Hwan
(日本語による原文下部に掲載)

What are the words that can describe our state of being after the disaster of 3/11? One of the appropriate ways of speaking about it is a spreading sense of collapse.

First of all, it is the collapse triggered by the archipelago having been damaged and the spread of radioactive substances from the nuclear accident. Not only that parts of the national territory have been ruined, but also that uninhabitable areas have been expanding due to the radioactivity. The collapse in this sense signifies physical damage and dilapidation of life world.

But the sense of collapse that is widely shared at the moment is not limited to these. The sense that something important is collapsing is epitomized by a collapse of what Hannah Arendt called “human condition.” It is the sense that the condition without which human living cannot sustain itself is breaking down.

If so, the spreading sense of collapse in this sense is not necessary a result of 3/11 per se. Hadn’t this sense of collapse already been spreading before and irrespective of 3/11? Here a reminder is a novel Muri [Unreason] by Hideaki Okuda, depicting a declining regional city in the northeastern area.

At 7:00 pm I left the building for cram courses. Holding a cell phone in tight grip, I walked fast to the station. More than half shops were closed down, and their shutters shook with a rattling sound by a blowing wind. The streets were deserted. With the snow whirling about, the scenery was unsound. In the stores that were open, no clerks were seen. I would imagine that they were having dinner since no customers were around.

Although the street was empty, new streetlights were lined up, standing in about every ten meters. They were chic dark red iron poles. The brightness was out of place, whose effect enforces dreariness. On top of that, music is coming out from the speakers installed within the poles day and night. Who the hell has decided to add such wasteful things? I would not know.

Shopping district turning into shuttered street is observed everywhere. What is depicted here is not simply a decline. While the desertification of shops is let alone as if it were a natural phenomenon, money is spent totally wastefully for such as the installment of iron poles with an internalized speaker. This discrepancy makes the sense of collapse much more knotty.

The feeling of breaking-down symbolically present in the landscape is not something that has begun with 3/11 disaster. We had already been living it, though without being aware of and directly paying attention to. In this sense, it must be said that the disaster was an event that thrashed us with a question: what has been the situation of collapse we have been living for many years?; what is the problematic that we have to confront full-heartedly?

In other words, up until that day, we have evaded the problem that we were supposed to confront, we have postponed tackling and solving the problem. Without confronting the spreading sense of collapse, we were thinking and talking about something different. Thus what has been illuminated at the wake of 3/11 is the fact that our thinking up to that point has become futile, and that we have entered the conjuncture where we should dispose of our previous thought and confront the spreading sense of collapse directly. We are now in the stage where we cut the lines of thought that have been surviving by inertia and confront the collapse of human condition.

The situation in which we have been living has been in fact a spread of collapse. And now many people are awakening to the fact. Then, when did the collapse begin?

This might have already started in as early as 1960s. Namely this includes the collapse of nature developing during the time of high economic growth, damage of human bodies and environmental destruction by industrial pollution, disintegration of human relations (family being atomized, weakening of territorial bonds), and breaking-down of individual interiority (loss of sense of belonging, floating weed). These were experienced as the collapse of traditional way of life.

But, isn’t what we are experiencing now something added on top of these, something different from these. In other words, aren’t we tasting now the collapse itself of the system whose supreme goal is economic growth?

In retrospection, the beginning of the systemic collapse might have been the 90s, when in Japan an indescribable sense of collapse began to spread, following the events such as bursting bubbles, termination of the one-party politics of Liberal Democratic Party and the end of cold war. Not to know what to do with the sense of collapse – a situation of cul-de-sac began to be felt widely and increasingly. These are the epitome of 90s’ experience. And on the extension of these, the post-3/11 atmosphere has arrived.

That is to say, the system that had already begun to collapse was made to endure forcibly from the 1990s to now. The neoliberal reforms were measures to prolong the system that had been functional at least during the time of high economic growth, but not any further. The damage exerted upon people’s living were due to the prolongation measures. The current nuclear disaster could be seen as a symptom that announces the limit of the prolongation measures. Therefore, what is necessary is not only a critique of the prolongation measures (nuclear power included), but also an analysis of what are collapsing at the moment. This must be something beyond the breaking-downs of social system and human interiority, but something essential.

What future are we to live, at the same time as having all the collapses as our existential condition?

PDF (English)

————————————–
崩壊感覚の蔓延

篠原雅武

二〇一一年三月一一日の震災以後、私たちが身をおきつつある状態を形容しうる言葉とは、どのようなものであろうか。その一つして、適切であると思われるのは、崩壊感覚の蔓延といったものだろう。

それはもちろん、列島が損傷をうけ、さらに原発事故により放射性物質が撒き散らされていくことによって引き起こされた崩壊である。国土の一部が瓦礫と化したというだけでなく、放射性物質の拡散により、居住できない領域の範囲が拡張していく。これはまさしく生活世界が物理的に崩壊し、荒廃していくことを意味する。だが、崩壊感覚は、そういうことにかぎらない。その、何かが壊れていくという感じは、たとえば、ハンナ・アーレントのいう人間の条件が崩壊していくことの感覚というべきものである。つまり、それを欠くなら人間らしい生活が困難になる、そのような条件が、崩壊していくという感覚である。

しかしながら、この感覚の蔓延は、はたして三・一一を契機に始まる事態だろうか。そうではないだろう。三・一一の震災の到来とはかかわりなく、日本社会には、すでにして崩壊感が漂っていたのではないか。この崩壊感を主題とする小説作品として、たとえば、奥田英朗の『無理』が挙げられる。東北の衰退していく地方都市を舞台とする小説だが、そこにはこういう描写がある。

午後七時になって、一人で塾のビルを出た。携帯電話を握り締め、駅に向かって早足で歩く。商店街は半分以上が閉店しているので、吹き抜ける風にシャッターがガタガタと音を立てて揺れた。人通りはまったくない。雪が舞っているせいもあろうが、この光景は尋常ではなかった。開けている店もあったが、店番の姿はなかった。客が来ないので、奥で晩御飯を食べているのだろう。

通りは寂れているくせに、真新しい街灯が十メートルおきに立っていた。エンジ色の洒落た鉄柱だ。場違いな明るさが、余計にわびしさを醸し出していた。しかもスピーカーが内蔵されていて、四六時中音楽が流れている。こんな無駄なもの、いったい誰が立てることを決めたのか、さっぱり理解できない。

商店街のシャッター通り化は、いたるところで目にする光景だろう。だが、ここに描き出されるのは、たんなる衰退現象ではない。商店の衰退はあたかも自然現象であるというようにして放置したまま、スピーカー内蔵の街灯を設置するというように、まったく無意味なところにお金をかけている。このズレ、ちぐはくさが、崩壊感をいっそう深刻なものにしている。

この風景に象徴的に現われている壊れた感じは、けっして、三・一一の震災とともに始まるものではない。すでに私たちはこの状態を生きていたのだが、はっきりとは気づかなかったし、それを直視しようともしてこなかった。震災は、私たちがこの何年か生きてきた崩壊状況がいったい何であったか、真剣に考えるべき課題が何であったかを、突きつけた出来事だったというべきだろう。

ということはつまり、私たちは、本来考えておくべき課題をこの日にいたるまで直視せず、解決を先送りしていたということである。崩壊感の蔓延という状態を考えようとせず、何か別のことを考え、語っていたということである。三一一以後明らかになったのは、それの到来の直前まで考えていたこと、語っていたことが、無意味になったということであり、その無意味化した思想を廃棄し、崩壊感の蔓延に即した思想を語るべき状況に入ったということである。それまでに惰性的につづいた思想の流れを一度断ち切り、崩壊感、人間の条件の解体といった状況について真剣に考えるべき段階に入った、ということだ。

私たちが生きつつあった状態は、じつは崩壊状況の蔓延だった。これがようやく多くの人に感知されつつある。ではいったい、これはいつから始まったのか。

それはひょっとしたら、六〇年代にはもう始まっていたのかもしれない。つまり、高度経済成長下で進んだ自然の崩壊であり、産業公害による身体的な損傷と環境破壊であり、さらに、家族をはじめとする人間関係の崩壊(核家族化、都市化による地縁関係の希薄化)、個々人の内面的な崩壊(帰属感の喪失、根無し草)である。それは、古くからある生活様式の崩壊として経験された。

だが、私たちがいま経験している崩壊は、これとは別種のものではないか。つまり、自然の崩壊と引き替えにして成立した、経済成長を至上目的とする人工的なシステム自体の崩壊を、経験しつつあるのではないか。

今にして思えば、このシステムの崩壊の始まりは、九〇年代だったのかもしれない。日本では、バブル崩壊、自民党政治の崩壊、冷戦の終わりといった事態とともに、日常的に生きられる実感のレベルでも、何ともいえない崩壊感が漂い始めた。そしてこの崩壊感が蔓延しつつあるのにもかかわらず、何をしたらいいのか、どうしてよいのかわからない、出口の見えない閉塞感が高まっていく。これが九〇年代の時代経験であり、その延長上に、今の、三一一以後の雰囲気があるといえないか。

すでに崩壊しつつあったものが、九〇年代から現代にかけて、無理して存続させられてきた。ネオリベラリズムの改革とは、高度成長期にはまがりなりにも可能であったシステムの延命措置であった。人々の生活が損傷し、破綻したのは、この延命措置のせいであった。ひょっとしたら原発事故は、延命措置の限界を告げ知らせる兆候であったのかもしれない。これからは、今後も提案されるであろう延命措置の各々の是非を論じる(もちろん、原発をどうするかもそこに含まれる)だけでなく、崩壊が進みつつあるものがいったいどういうものであるかを考えることが必要である。それは社会制度の崩壊や、人間の内面を支える価値観の崩壊というのでは捉えがたい、いっそう根本的なものである。

崩壊を存在の条件としつつある私たちは、これからいったいどういう未来を生きることになるのか?

PDF (日本語)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s