posters11x17

A Letter from Adrienne Hurley

Photo: http://endciv.com/
(Original text in English below Japanese)

エイドリアン•ハーリーからの手紙

和訳:萩谷海

十年ほど前、ザック・デ・ラ・ロッチャ(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)の言葉「君の怒りは贈り物である」が、Eメールやウェブサイト、ミニコミなどで流れてきたのを読んだ。すっきりとわかりやすい文章が、ある部分で私と重なりあったと感じたのは、私自身が「怒り」を、行動を起こさなければならいことを知らせるための賜物として体験してきたからだ。不安、恐怖、そしてパニックをも賜物として享受することを覚えるのは大変だが、そうしようと努めてはいる。ここでいう賜物とは、おそらくは、とんでもないことになっているに違いない感情の起の状態というより、むしろ何かを招き入れる(あるいは要求する)思考のこと、またはその思考が私を道連れにしていく場所だろう。その道のりで、賜物の行き着く先が断ち切られ、幾度と無く遠回りさせられることが気になって落ち着かない。

星野智幸氏が、震災直後、自分の経験について綴ったように、不安と恐怖、そしてパニックはわれわれを疲弊されることがある。私たちは恐怖にかられ、不安と混乱の洪水に押し流されるときに「妙な」行動をする[1]。 これは驚くべきことではない。結局、私たちが生きている社会というのは、 私たちを飲み込むほどの恐怖や災害への「ほどよい」か「ちゃんとした」応答として、往々にして、なんとなく全てがうまくいっているかのように行動することを是とする。あるいは今がどうであれ、様々な権力や機関が、私たちの行くべき場や既に住んでいる場を仕切り、私たちが ただ落ち着いて大人しくそれを 信じてさえいれば、なんとなくいつかはうまくゆく日が訪れるとでもいうかのようだ。何事も真実なるものから程遠からざるものである以上、これは(予期可能ではあっても)妙なことなのだ。

これら権力や制度は、 私たちの生に関わる恐怖や災いを、それらが幾何級数的に増殖するよう創造し、管理し、保護し、監視している。それらは、自らを「規範」であり、進歩や開発と呼ばれる善きものの先駆者であるかのように宣伝しながら、私たちとこの惑星に対する絶え間ない戦争の舞台を上演している。われわれが、傷めつけられた高貴な者たちについての、あるいは勤勉さの美徳についての目的論的な物語に囚われているかぎり、私たちが好み、これまで良しとして焦がれてきたものが、実はとんでもなく危険なものであったことを発見することは、身に苦しく、手に余ることに思われるかもしれない。これこそが震盪かもしれない。

資本主義は、その所産である原子力と同じく、その危険さを私たちが知ろうと知るまいと、あるいはそれを中立、必須のものとして捉える時にさえ、私たちを傷つけている。たとえそれが私たちを威嚇し、病に伏せさせていても、私たちには更なる資本主義が、あるいはよりよく安全に生きるための別の資本主義が必要だとほのめかす。

これこそが、私たちの狂気精製状況である。

私たちが今目前にしている教育や他の使命は、前代未聞のものであり、巨大で、いよいよ切迫したものなのだ。

だからこそ、このおぞましく、トラウマを負わせる精神状態——パニックと恐怖を、いとおしい信号と気づきたいと思う。それらは恐怖は抹消されねばならないという的外れで、おぞましき知を贈りもするが、それはまた明晰の贈物、思考の贈物でもありうる。

このままではいけない 。それはわたしの新しい友人達、高祖岩三郎や平沢剛が現代世界の装置・機構と呼ぶものかもしれない。あるいは、フランクリン・ロペスやデリック・ジェンセンが文明と呼んだものかもしれない。白人至上主義かもしれない。資本主義かもしれない。異性愛至上の家父長制かもしれない。人類至上主義かもしれない。開拓者や他の類の植民地主義か。それらの全てや、もっと多くのものを含むかもしれない。そうでなければ、私たち自身のこと、あるいはこの惑星のことだろう。それ以上のものを、私には想像できない。

この私たちの現状について、反権威主義的見地、理論、方法論の可能性を学び、分かち合うために、わたしは3月18日以降、様々な人々と共働し、ブログの投稿、ツィート、ビデオやその他の素材を用いて、日本語から英語、フランス語や他の言語に訳す作業を行ってきた。大学の二つのクラスから発生した「Project east306」は、その名前をイル・コモンズ(http://illcomm.exblog.jp/13187370/)からあずかった。そのうちのひとつは日本語からの翻訳クラスで、もう一つは実験的なラジオのクラス(east 306)だったが、今やこのプロジェクトは、特定のクラスや学校という枠組みを超えてしまった。われわれは、様々な場所からの参加者に支えられているが、反権威主義および反原子力の素材を翻訳することに興味のある人誰にも参加してもらいたいと思っている。私たちの目指すものは、最良の翻訳でも、最も美文的なものでもなく(そのどちらの要素もあるのだが)、翻訳を通して(フランス語でいうなら”militer”とでもいうべき)参戦的連帯を求めるものだ。http://east306.wordpress.com/でご覧いただけるとおり、これは美しい散乱なのだ。

この翻訳プロジェクトは、広い関係やネットワークを築くために役立てられ、日本のアクティヴィストや運動と他の場所で抵抗を続ける人々とのつながりの輪を開くための、きわめて否規範的な試みである。Todos Somos Japonは、対抗的諸運動をつなぐネットワークを作り、来るべき緊急事態に備える地球的な脱原発行動を可能にするために形成されつつある。反原子力運動のみでは、私たちを救うことも、私たちが体勢を整えていくこともできない。 私たちが対決する相手についてのより広く冷静な理解が求められている。また国家や企業の作り出した暴力の覇権に対抗する為に、真の多様性の戦術をより広く冷静に確保せねばならない。多くの試みの中で、とくに救援委員会(5月7日の東京反原発デモで不当逮捕された二名のことを受けて結成された)は、(警察、国家などに対する)多くの廃絶運動を一堂に集め、その批判や手法を反原子力運動に注ぎ込んだ。わたしは脱原子力運動がリベラルな諸勢力や、グリーン資本主義などに吸収され、飼いならされることを望まない。そうなったなら、われわれはさらなる恐怖にくじかれるだろう。わたしは、これに対して、たとえば刑務所廃絶主義と会話をし、つながりながら共に抗っていくような、ただ包装し直されて、親しみやすい別の表情を見せているだけの同じ反療法的資本主義体制を受容することを拒絶する「原子力廃絶運動」を望んでいる。

一方では非人間的動物たちが(国家が「無形文化財」とでも指定しないかぎり)飢えて死ぬにまかせられ、他方では汚染の知覚に基づいて人間同士が差別をしあっているという、この破滅的な現状は、瞬く間にはるか遠くまで反響し拡張している。わたし自身あまりに混乱した状態だが、(可能なら)集合体として生き延びるために、今私達がしていることとはかなり違ったことを、見て、感じて、為すべきだということは明らかではないだろうか。


[1]出典:http://hoshinot.asablo.jp/blog/2011/04/19/5814544; フランシス・ゲランによる英訳: http://east306.wordpress.com/2011/05/12/tomoyuki-hoshino-blog-post-we-became-completely-indifferent/


PDF (日本語)

エイドリアン・ハーレー:モントリオール在住。マッギル大学の東アジア学部、教育総合分野学部にて教鞭をとる。『Revolutionary Suicide and Other Desperate Measures: Narratives of Youth and Violence from Japan and the United States』(2011)の著者、そして星野智幸『ロンリーハーツ・キラー』(2009年/PM Press出版)の英語訳者である。

————————————

A Letter from Adrienne Hurley

About ten years ago, a quote from Zack de la Rocha circulated via email, websites, and zines I read:  “Your anger is a gift.”  The simple clarity of the statement resonated with me in part because I’d always experienced my anger as a gift that let me know I needed to act.  It has been harder for me to learn to appreciate fear, terror, and panic as gifts too, but I am trying.  The gift is probably not the feeling state itself, which can be awful, but rather the thought it invites (or demands) and where that thought can take us.  I worry about that journey to the gift’s end being foreclosed or repeatedly detoured.

As Tomoyuki Hoshino wrote regarding his experiences immediately after the earthquake, fear, terror, and panic can be debilitating.  We can do “strange” things when we are terrified and flooded with fear and panic.  [Source: http://hoshinot.asablo.jp/blog/2011/04/19/5814544;  English translation by Francis Guérin: http://east306.wordpress.com/2011/05/12/tomoyuki-hoshino-blog-post-we-became-completely-indifferent/] This is not surprising.  After all, we live in a society in which the “appropriate” or “mature” response to overwhelming horror or disaster is often to act as if everything is somehow fundamentally okay – or if it is not that it will somehow soon be okay if we are calm and trust the powers that be or the institutions that govern the spaces through which we move and in which we live.  This is very strange (if predictable) because nothing could be further from the truth.

Those powers and institutions manage, guard, and create the terror and disasters that are multiplying in our lives exponentially.  They are and always have been staging grounds for a constant war on us and on the planet while announcing themselves as the ‘norm’ or as the harbingers of something good called progress or development.  To the extent that we are caught up in teleological tales of how suffering ennobles or how hard work is a virtue, we might find it hard to handle how painful it is in those moments when we discover that something we like or something we thought was good for us is, instead, very harmful.  It might even be shocking.

Capitalism, like its nuclear power progeny, contaminates and harms us even when we don’t understand it as harmful or when we are taught to see it as neutral or perhaps somehow necessary.  Even when it menaces us and makes us sick, we might be told we need more capitalism or maybe a different kind of it to get better or live more safely.

This is our crazy-making situation.

The pedagogical and other tasks before us are epochal, massive, and increasingly urgent.

That’s why I want to recognize that panic and terror we might feel – that awful, traumatizing feeling state – as a precious signal to ourselves, gifting us with a disorienting and awful knowledge that the terror must be abolished.  It can also be a gift of lucidity.  It can be the gift of thought.

Something has to give.  It could be what my new friends Sabu and Go call the apparatus of the modern world.  It could be what Franklin Lopez and Derrick Jensen call civilization.  It could be white supremacy.  It could be capitalism.  It could be heteropatriarchy.  It could be human supremacy.  It could be colonialism, settler and other types.  It could be all that and more.  If not, it’s likely to be us; it is likely to be the planet.  I can’t imagine higher stakes.

In the interest of learning about and sharing anti-authoritarian perspectives, theories, and approaches to our situation, I have been working with a number of other people to translate and share blog posts, tweets, videos, and other materials from Japanese into English, French, and other languages since March 18.  Project east306, the name we received from illcommonz (http://illcomm.exblog.jp/13187370/), grew out of two university classes, one on Japanese translation and one (“east306”) that was an experimental radio class, but the project no longer has any relationship to a particular school or course.  We have contributors in different places and welcome the contributions of anyone interested in translating anti-authoritarian and anti-nuke material.  Our goal is not to make the best translations or the most literary ones (though there’s quite a bit of both), but rather to engage in translation as a form of militating (in the French sense of “militer”) solidarity.   It’s a lovely mess, and you can check it out here: http://east306.wordpress.com/.

Our translation project is a very undisciplined attempt to contribute to the larger projects of network building and the opening up of circuits to support activists and movements in Japan through links and associations with folks struggling elsewhere.  For example, in the coming months we will share information related to toxic waste Japan has been dumping in the Philippines and Thailand (enabled by bilateral trade agreements among state governments).

Todos Somos Japon is establishing such networks of oppositional movements and organizing global de-nuke actions to ready us all for the urgent times ahead.  Anti-nuke movements alone aren’t going to rescue us or make us ready.  We need a broader and more sober understanding of what we’re up against, as well as a broader and more sober embrace of a true diversity of tactics given ongoing state/corporate hegemony over violence.  One of many things I have appreciated is how the Rescue Committee (formed to support two people unjustly arrested at the May 7 No Nuke Demo in Tokyo) brings various abolitionist (police, state, etc.) critiques and practices into their anti-nuke work.  I don’t want a de-nuke movement domesticated by liberal forces, green capitalism, and the like.  At best, that can only forestall further and greater terror.  I want nuke abolitionisms that talk with and touch prison abolitionisms and that refuse to accept the same untherapeutic capitalist treatment regimes simply because they taste different or are presented to us in a different, friendlier package.

The destruction of this moment is reverberating and expanding so far and so quickly  – from non-human animals being abandoned to starve to death (unless the state thinks they are of “intangible cultural heritage”) to human-to-human discrimination based on perceived contamination.  I’m confused by so much, but it seems pretty obvious that what we must do, for our collective survival (if that is possible) is probably going to have to look, feel, and be pretty different from most of what we are doing now.

PDF (English)

Adrienne Hurley lives in Montréal and teaches in the departments of East Asian Studies and Integrated Studies in Education at McGill University.  She is the author of Revolutionary Suicide and Other Desperate Measures: Narratives of Youth and Violence from Japan and the United States (2011) and the English language translator for Tomoyuki Hoshino’s novel Lonely Hearts Killer (PM Press, 2009).

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s