A New Movement of the People

(日本語による原文下部に掲載)

A New Movement of the People

Yoshihiko Ikegami

We have counted more than two months after the nuclear accident in Fukushima. The four reactors are still in unstable condition, being fountainhead of our pending anxiety. Everyday reports from TV and newspapers are unequivocally focusing on fluctuating situations of the crippled reactors, continuing to produce certain spectacles. But now our central concerns are no longer there.

The present issue for us is the state of radioactive contamination that is spreading from Fukushima to Tokyo metropolis, and to a larger area. How much radioactive substances have been released and where they have reached since the accident – these facts have been gradually shed light on. In terms of the amount of radioactivity in the air, the tendency has been decrease rather than increase. However, we are discreetly yet tremendously shocked by learning the fact that the magnitude of soil contamination by radioactive substances has been much larger than we originally expected.

Seriousness of the radioactive contamination affecting particularly the soil of schoolyards and parks in Fukushima has come to be known widely both in and out of Japan. And offense and defense over the safety standard of 20 mm SV set by the state epitomizes the present conjuncture.

We are now bringing a charge against the state imposing the contamination to Fukushima Prefecture and revealing the state of contamination within and beyond the prefecture. These actions have been grounded upon the wish of the people to know the truth and their concrete practices.

In fact during the two months we have studied desperately, and come to understand everything about nuclear power, beginning from the structure of nuclear reactor to the meaning of the figures such as becquerel and sievert that indicate the amount of radiation. This is a study neither for a mere desire to learn nor a self-improvement, but for survival through and through. Without knowing these numbers, we will risk our lives – the precise sense of crisis has motivated us. Furthermore, we have come to learn the historical process through which nuclear power was introduced, the ugliness of the mining sites for uranium in Africa and Australia, and the cruel working conditions for the workers at the power plants. Now all of these situations that have been heretofore known only among a small group of specialists are shared widely.

The terms such as internal exposure and low dose exposure were still ambiguous for us in the beginning. However, thanks to the conscientious doctors/researchers who have long been treating the victims of Hiroshima and Nagasaki, we know how these victims are still suffering from A-bomb diseases as well as how to understand the juncture that we are in. In other words, the entire people are achieving an intelligence of higher and higher level. In consequence, we can instantaneously see through the ideology driven information spread by those proxy scholars who speak only on behalf of the state. It was only because the state and mass media never told us truth that there was no other choice for us but to study ourselves. And this impetus knows no faltering, but only advancement.

Now spreading with tremendous vigor is a movement to measure the doses of radiation one is receiving in one’s own everyday circumstance. Although measurements of radiation in a few determined points are publicized by public institutions, people in all districts are troubled by uncertainties vis-à-vis their near-by parks, homes and children’s schools. They have begun to find that out by themselves. I would call this, including my own research process, a new movement of the people.

Some might find incongruous to call it a movement. Many intellectuals have envisioned a mass movement as that which arises when people become politically awaken. This process, however, is slightly different from that. In other words, the people have been awaken less politically than scientifically in this case. This is an unexpected turn of event. There is no doubt that herein exists the singularity of the nuclear disaster.

First of all, the most important objective for this movement is to know our own physical condition, namely, the realistic state of contamination. Only by precise knowledge can we direct our lives and determine our action.

Secondly, the nuclear disaster can be by no means concluded in the coming several months. Influences of radiation will not surface immediately; symptoms will appear gradually and anytime in the coming five, ten, twenty, thirty… years, the unimaginably long span of time. We know the fact well enough. We also know too well the fact that the state will not easily acknowledge the causality between the accident and the symptoms. For this precise reason, we must record the present. The anti-nuke groups have long been aware of these cruel facts and struggling over and against them. And some groups of scientists have begun their full-hearted investigations right at the wake of the accident with their keen awareness of these facts. Precisely like the victims of Minamata disease (struggling for more than fifty years) and Chernobyl radiation, the present struggle will definitely be long-term. We are well aware of this.

Thirdly and perhaps most importantly, this movement trains us to observe ourselves objectively. This movement necessitates a process through which we learn our environment, cities, and nation-state, a process that is totally different from conventional academic programs, and is filled with cruel and crucial discoveries. Therefrom we shall learn our past, social mechanism and relationship with the external world.

Can this movement that has begun with the scientific awakening synthesize the knowledge and understanding retrospectively and move on toward a social and political awakening?

Soon the rainy season and then summer will come in Japan. Nuclear power supplies thirty percent of the entire electricity demand in Japan, almost two third of which is out of use at the moment. Then the electric companies will declare shortage as a threat to us. Thus an unprecedented struggle will take place. What will happen in this course? We cannot foresee it now. We are to be tested. All in all, however, I am optimistic with the intention to observe everything that can happen.

PDF (English)

———————————————–

新たなる民衆運動

池上善彦

福島の原子力発電所の事故から二月以上が経った。福島の四基の事故を起こした原発は未だに不安定な状態にあり、大いに不安の源泉となっている。連日のテレビ及び新聞の報道は刻々と変化する四基の原発の状態にほぼ終始し、なにがしかのスペクタクルを構成するが、もはや我々にとって中心の関心事ではない。
現在の問題は、福島県及び首都圏を中心としてさらに広範囲に及ぶ放射性物質による汚染状況である。事故直後から一体どれだけの放射性物質が放出され、それらはどこに行ったのかが、徐々に明らかになっているのだ。空気中の放射線の量は今のところ増加の傾向にはなく、微減の傾向にある。しかし、放射性物質による土壌汚染の深刻さは我々が当初予感したものよりはるかに広く、深刻なものであったことが静かに衝撃を与えつつある。
福島県内における主に学校の校庭、公園の土壌汚染を中心とした放射能汚染の深刻さは内外を問わず今や広く知られるところとなっている。国家が設定した安全基準である20ミリシーベルトをめぐる攻防が現在の焦点を象徴している。
この福島県内の汚染を押し付けようとする国家の圧力を告発し、さらには次々に明らかになる周囲の汚染状況の発覚は、真実を知り、それへの対処を求める広範な民衆の願いと、それを裏付ける具体的な民衆の実践がその背後に存在しているのである。
実際我々はこの二ヶ月というもの、必死に学習した。原子炉の構造から始まり、次々に発表される放射能の数値、すなわちベクレルとかシーベルトといった測定単位を理解した。それは知識欲とか学習欲とは全く違う、まさに生存のための学習であった。この数値が理解できないと自らの生存が補償されないという危機感からであった。さらにそこに留まらず、原発が導入された歴史的経緯、さらにはウランそのものが採掘されているアフリカ、オーストラリアの採掘現場の醜悪さ、原発で働く労働者、作業員の過酷さをも理解するようになった。今までは一部で知られているのみであったこうした状況が今や広範囲に共有されることになったのである。
最初の間こそは未だ曖昧な言葉であった内部被爆とか低線量被爆といった用語は、広島、長崎で長年患者の治療に当たり研究してきた良心的な研究者のおかげで、我々は原爆症で今も苦しむ患者の様子と共に、まさに現在の我々の状況を理解するために深く理解するまでに至っている。まさに民衆全体の水位が著しく高まっているのだ。当初は見分けがつかなかった、国家の都合のいい情報しか語らないいわゆる御用学者といわれるイデオローグたちは、今では誰でも一瞬にして見抜くことが可能になっている。国家、及びマスメディアは決して真実を語ることがない故に、我々は自ら学習する他はなかったのである。そしてそれは現在留まることを知らず、前へと前進しようとしている。
そして、今すさまじい勢いで自ら放射線線量計を用いて自らの回りの放射線量を計測しようとする運動が広まっている。公的機関による放射線量の測定は定点では発表されているものの、近くの公園はどうなのか、自宅の周囲はどうなのか、あるいは子どもたちが通う学校はどうなのかは、多くの地域で不明である。それを自ら調査しようというのである。私はこの動きを、自ら学習してきた過程も含めて、新たな民衆運動と呼んでおく。
この動きを民衆運動と呼ぶことはあるいは違和感を覚えることなのかもしれない。従来多くの知識人が思い描いてきた民衆運動とは、民衆自身が政治的に覚醒することであった。しかし今回の過程はそれて似ているが少し違う様相を呈している。民衆は政治的にではなく、科学的に覚醒したのである。これは予想されていなかった過程である。それは原発事故というあまり例の少ない事故に大きく規定された運動であることは間違いない。
これはまず第一に、自らの物理的状態、つまり具体的な汚染状況を正確に知ることに最大の意味がある。それを知ることによって自らの生活を考え、行動を決定するのである。第二に、今回の原発事故はこの数ヶ月で収束するものでは決していないという事実である。放射能の影響は直ちに出るものではない。数年後に、5年後に、10年後に、20年後に、30年後にと想像も出来ないような長い年月にわたり徐々に症状が出るものなのである。そのことを我々はよく知っている。国家はその病状と今回の原発事故との因果関係を容易には認めないこともまた十分に知っている。それだからこそ、我々は現在を記録しておかなくてはならないのだ。古くからこのことに気づき、活動してきた反原発のグループ、あるいは自発的に本格的な調査を事故直後から開始してきた科学者のグループはこのことに十分自覚的である。水銀中毒で50年以上にわたり闘ってきた水俣病がそうであり、近くにはチェルノブイリがそうだったように、この闘いは長いものとなる。それに我々は十分自覚的なのである。そして第三に、あるいはこれがもっとも重要なことなのかもしれないが、自分を客観的に見る訓練としてこの運動はあるということだ。自分の周囲を知り、街を知り、やがては国家を具体的に知るというこの過程は、単なる学習と違い、様々な具体的な発見の契機に満ちている。ここから我々は過去を知り、社会の仕組みに気づき、外の世界との関係に気づくであろう。科学的覚醒から始まり、そこから遡及的に得られた知識と理解を総合し、社会的あるいは政治的覚醒へとこの運動は至るであろうか。
やがて日本は梅雨に入り、そして暑い夏を迎える。日本の電力需要の3割を担う原子力発電は現在三分の二近くが停止状態になっている。電力会社は電力不足を宣伝し、脅しをかけて来るであろう。夏はこの電力をめぐる前代未聞の闘いとなる。その過程で何が起こるのか、今からは予想もつかない。初めて我々は試されるのだ。これから起こるであろうことを注意深く観察しながら、しかし私は楽観視している。

PDF (日本語)

About these ads

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s