Daily Archives: April 3, 2011

A Response to Rebecca Solnit

(This entry is written as a response to Dear brothers and sisters in northeastern Japan and beyond by Rebecca Solnit )

A Response to Rebecca Solnit

Yoshihiko Ikegami

Rebecca Solnit’s work is enthusiastically and widely read in Japan at the present moment. Many people are seeking to find a clue in her work that vividly depicts the dual face of disasters: on the one hand therein paradoxically grows the power of the people, and on the other hand, there intervenes the power of the state that attempts to capture and appropriate the former. At the moment Japan needs various wisdoms both from within and without. Among others, Solnit’s letter as well as A Paradise Built in Hell recently published in Japan will remain with us for years to come as an indispensable resource to learn from. Thanks to her work, our stance being bound by imminent reality can connect itself with various examples in history, and achieve not only practical knowledge but also an aspiration for the future. Based as it is upon the maximal trust in people’s power and also cautiousness about the usurping power from above, her work fulfills what the present Japan lacks in order to confront the coming socio-political regime.

As Solnit considerately acknowledges, however, her case studies which work for the tsunami stricken north do not necessarily work for the disaster at the nuclear power plant. She honestly points out the unknown factor entailed in it. What is significant here is the difference between oil spill and radioactive leak. Although they both are toxic disaster, their natures are radically divided.

Oil spill is certainly a grave environmental pollution, but it can be removed to a large extent if not completely. On the other hand, radioactive leak can never be removed in its nature. Although its effects can be reduced more or less, radiation and radioactive substance remain in bodies as long as they live and in generations to follow. Even those Japanese proxy scholars who repeatedly insist on the safety of eating and drinking more or less polluted products have to reluctantly acknowledge the danger of long-term accumulation in bodies. What they dare not say and many people are unaware of is the fact that even low exposure dose can cause serious symptoms. That is to say, radiation accidents can never be recovered.

While Solnit implies this aspect by saying: “the disaster may never end,” her overall tone seems to be based upon hopes for recovery. But unfortunately, the singularity of the current accident in Japan lies in its being unrecoverable. Furthermore, this disaster has shown, at least up until now, no signs of utopian construction. Most visible at the moment is rather a moralistic command issued by the state to drink polluted water; the situation is becoming more and more dystopian. (What I mean by dystopia here is less about radiation than by the counter concept of utopia.)

As I feel strongly, at this moment in Japan many of the previous thoughts have collapsed, turned out to be meaningless. Not to mention that they cannot confront this situation, they are becoming an obstacle for a precise recognition of the situation. Since Japanese thought is not much known among foreign readers, I shall take up just one example among others: the worldly celebrated animator Hayao Miyazaki. His representative work Nausica of the Valley of the Wind that depicted the world after nuclear warfare made a global hit. Therein many fans must have received a message for surviving strongly in the A-bombed world polluted by radiation at the same time as fighting against nihilism.

In Fukushima Nuclear Power Plant that is in critical condition at this very minute, there was a PR center of Tokyo Electric Power Co. (TEPCO) whose main purpose was to promote the idea that nuclear energy is not only safe and clean but also effective to counter the global warming. I heard that the café of the center was once filled with the goods of Studio Ghibli (they have been removed since), and a message posted at the blog there said i.e., “Many animation of Studio Ghibli appeal for the protection of nature, and fit the idea of nuclear power.” Studio Ghibli would claim that it was TEPCO’s deed and had nothing to do with them. And I myself don’t know Miyazaki’s position vis-à-vis Nuclear energy. In any event, it is backed by this tendency of thought, a mixture of nature protection and pro-nuclear power, that the moralistic threat to the people avoiding to drink polluted water has come into existence.

What we are witnessing is a dramatic collapse of previous thought. But then, what and how should we think now? What would be the basis for our new thought? We don’t know it yet. But we must search for it.

This is certainly not to criticize Solnit at all. No motral being has expected this unprecedented situation. And it is not that our understanding was insufficient. We have just realized that this could happen ex post facto. This is a kind of accident that humans have never experienced. If I may say so, this is a singular event in human history.

My hope is that Rebecca Solnit observes this disaster thoroughly based upon a recognition of this unknown-ness. I would like her to continue to write many more pieces by her new discovery out of this situation. The rise of the anti-nuke protest in Germany is really encouraging. But I wonder how many nuclear power plants (as well as other types of nuclear facilities) exist in the world, and how much our everyday life is relying on them. Being encouraged by the protests, I wish from my heart that all of us think of the significance of the singularity of this accident together. What we need is an assembly of many wisdoms from in and out of Japan.

——————————————————————-

レベッカ•ソルニットへの返信

池上善彦

レベッカ•ソルニットの文章が日本で今かなりの勢いで読まれつつある。災害が逆説的に持つユートピックな民衆の力、そしてそれを逆にとって利用しようとする国家の力といった、災害の両面を明快に描き出し、多くの人がそれを参照しようとしているのだ。今の日本は内外を問わず、多くの知恵を必要としている。その中でもソルニットの今回の特別に寄せられた文章、そして著書は私たちに現在、そして将来にわたって多くの知恵を学ぶべきものとして、私たちの手元にあり続けるであろう。とかく目の前の現実に限定されそうな私たちの視野は、ソルニットの文章で、他の多くの事例と歴史と自らを接続し、実際的な知恵ばかりではなく、将来にわたっての展望への勇気を与えてくれている。さらには、民衆の力を最大限に評価する彼女の姿勢に加えて、それを簒奪しようとする上からの力への警戒をも豊かに教えてくれていることは、これからの社会、政治体制をも考える上で、今の日本には欠けている重要な視点だといっていい。

しかし、彼女自身、認知しているだろうように、彼女の事例は、津波に多くの被害を受けた東北地方については当てはまるものの、同時に起こっている福島の原子力発電所の事故についてはほとんど当てはまらないと言っていい。彼女は正直によく分からないといっている。この意味で、とりわけ重要なのは、原子力発電所の放射能と放射能物質漏洩と石油漏れの差異である。化学物質の漏洩という点では類似しているものの、この二つは全く質が違う事故である。

確かに石油汚染は深刻な環境汚染である。しかし石油汚染は完全にではないにしても、相当程度除去可能である。放射能汚染の特質は除去不可能という点にある。ある程度は除去可能であるが、体内に蓄積された放射能及び放射能物質は生涯にわたって、そしてあるいは世代にわたって除去不可能である。現在日本では御用学者たちが汚染された水及び食物を食べても安全であると繰り返しているが、その彼らでさえも、長期にわたって蓄積すると危険であるということは、しぶしぶではあるが、認めている。彼らが決していわないこと、さらに多くの人が気がついていないことは、低線量被爆である。これはごくわずかな放射能でも被爆症状が出る可能性があるということである。つまり、放射能事故は決して元に戻ることは有り得ない、ということなのである。

ソルニットは、災害がけっして終わることがないことを言っているが、同時に彼女のトーンは元に戻ること、復活への希望を元にしているように思われる。しかしこの事故のユニークな点は元に戻ることはない、という点なのである。さらにこの災害は、今のところではあるが、ユートピアを構築する徴候はない。むしろ国家が率先して汚染水を飲めというような指令が、モラリスティックに主張され、ほとんどディストピアの様相さえ呈し始めている。ここでディストピアというのは、放射能故なのではなく、あくまでユートピアの反対語としてのディストピアとして私は用いている。

わたしは、現在の日本では従来の思想の多くが破綻し、意味を失ったように感じている。今回の事態を処理できないだけではなく、むしろ正確に理解するための邪魔になっている思想が多いのである。ただし日本の思想といってもほとんどの人は全く知らないであろうから、一つだけ例を挙げる。それは世界的に有名なアニメ映画監督の宮崎駿である。彼の代表作『風の谷のナウシカ』は原子力戦争以後の世界を描き、世界的に大ヒットした。多くの人はそこに原爆の体験を下に、汚染された世界をニヒリズムと闘いながら、しかし力強く生きていくことのメッセージを読み取ったであろう。ところで、今事故を起こしている福島原子力発電所に東京電力のPR館がある。もちろんそこでは原子力エネルギーがいかに安全でクリーンで、地球温暖化対策に有効かを大々的に宣伝している場所である。そこに喫茶店があって、何とそこではスタジオジブリのキャラクターグッズで一面飾られていると言われる。只今現在はただし撤去されている。そこでは、例えば「ジブリアニメは自然保護を訴えるものが多くて、自然に優しい原発の考えと合っている!」といったブログの書き込みさえ伺える場所であったそうだ。これは東電が勝手にやっているとジブリは主張するかもしれないことではある。もっとも、わたし自身は、宮崎の原発に対する立場は知らない。しかしともかく、こういうことを背景に汚染水を飲むのを避けようとする人を道徳的に脅すようにまでなっているのである。自然保護と原子力発電擁護が結合するとこうなるということなのであろうか。私たちが目にしているのは、壮大な従来の思想の崩壊である。では、我々はそれに変わってどのような事を本質としてこれから思考していくべきなのか。それは完全には今だ見えてはいない。しかしそれは必死に捜し出されなくてはいけない。

私はソルニットを批判しているのでは全くない。以上のことは私たちは事故がおこるまで全く気づいてもいなかったことである。ましてや私たちの状況の理解が足りないといっているのでも全くない。繰り返すが、私たち自身もようやく気づき始めているところなのである。何の検証もなく書くが、これはそうとうにユニークな経験だと思う。今まで、少なくとも自覚的には、ほとんど遭遇したことのない種類の事故なのである。ソルニットにも、未知なる体験ということをもう一度自覚的にして、今回のもう一つの災害をきちんと観察して欲しいと思う。そして中からは分からないことを発見し、どんどんと発言していって欲しいと思う。ドイツでの反発運動は本当に力強いことだ。しかし世界中で原子力発電所はいったいくつあるのか、われわれの日常がどれだけそれに依拠しているのか、私は詳しくは知らないし、また発電所ではない核施設も無数にあるだろう。それらの運動に勇気づけられながら、しかし今までの災害とは全く質を異にするこの事故の意味をぜひ共に考えていけたらと切に願っている。内と外とを問わず、多くの知恵、これが今求められているものなのである。