Editorial

3/30/11

What Japan’s calamity, most of all, the agony of the people embodies has less to do with the nationality than the entire capitalist regime that seems to persist in relying on atomic energy. The question here is: if green capitalism, a better capitalism is possible by ousting nuclear power plants; or today’s global capitalism is so much netted with the technology whose indispensable part is the atomic energy that ousting nuclear power plants is equal to ousting capitalism itself or something that might be considered as the planetary apparatus whose driving force is capitalism. These questions notwithstanding, the truth is revealed only as what the people of Japan and the entire world do from now on.

現在進行中の日本の惨事が、そして何よりも民衆の苦しみが体現しているものは、その国民性にというよりは、原子力にあくまでも依拠している資本主義体制全体に係わっているのではないでしょうか。ここに上がってくる質問は、よりよい資本主義、緑の資本主義は、原子力発電所を封鎖することによって実現されるのか?あるいは現在の世界資本主義は、原子力がその必要不可避の部分となっているテクノロジーにあまりに取り込まれている為に、原子力を排除することは、資本主義そのものを排除することではないか、あるいは資本主義に駆動されている地球的機構とでも呼べるものを排除することではないか。しかしこうした質問はともかく、真理は,今後、日本と全世界の人々が為していくこととしてのみ開示されていくでしょう。

About these ads

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s