A Letter from John Holloway

(Original text in English below)

ジョン•ホロウェイからの手紙

地震からすでに一月以上が経過した。そして福島における原発の脅威のレベルは、上昇するばかりだ。ひどいことは、われわれがこの事実を見たくないということだ。ある事柄は、あまりに恐ろしいので、われわれはそれが起こっていないかのように顔をそらす。目を見開くのが、つらいのだ。

わたしは、そこで起こったことと起こりつつあることを思うと、麻痺状態におちいってしまう。確かにマリーナがいう怒りの涙と無力感と啓示を共有するのだが、「われわれに何が出来るのか?」という気持ちが存在する。福島はすでに起こってしまって、それをもとに戻すことは出来ない。だが、世界を福島の連続にすることを止めることが出来るだろうか?金が世界を支配している限り、われわれの自己破壊を止めるために為しえることはおそらくないだろう。われわれは、可能な場所で、可能な時に、可能な方法で、金の支配を破壊せねばならない。

事態に希望はなく、不条理にさえ思われるが、「人民救援隊」のように、自らを顧みず,他の人々を助ける必要にのみ動かされる多くの人々の素晴らしい行為を目の当りにする。こうした人々に、われわれはわれわれ自身のとてつもない強さ、連帯を駆動する力、愛/信頼/尊厳/共産主義(あるいはどのような呼び方でもいいが)を見いだすのだ。そしてわれわれは、金が全てでないことを、それでも世界に希望があることを知っている。われわれがこうむる打撃には、前進する途は見えないかもしれない。だが、われわれのどうしようもなさに、われわれは自らの強さを感じるのだ。

サブから何か書いてくれという依頼を受けてから、すでに一月経過してしまった。仕事の圧迫、勿論、諸々の災害を起こし、世界の破壊を駆動しているのと同じ圧迫のせいである。しかしそこにはどうしようもなさの気持ちもあった。わたしには何も言えないという気持ちがあった。だがそれでも、ある場合には、それを言うことが大切だと思う。この言葉が失敗するにせよ、われわれは皆さんと共にある。

2011年 4月15日
ジョン•ホロウェイ

———————————————————————

More than a month has passed since the earthquake, and the level of nuclear threat in Fukushima has just been raised. The terrible thing is that we do not want to see. Some things are so horrifying that we just want to look the other way, pretend that it did not happen. It is painful to open our eyes.

I feel a numbness when I think of what has happened and what is happening. Certainly I share the tears of anger and frustration and inspiration that Marina talks about, but there is the feeling of What can we do? Fukushima has happened and cannot be undone. But can we stop the world being turned into a series of Fukushimas? As long as money rules the world, there is probably little that can be done to stop our self-destruction. We must break the rule of money, wherever we can, whenever we can, however we can.

It seems hopeless, absurd, but then we look at the amazing work of the People’s Rescue Troops, of so many people driven simply by the necessity to help others whatever the cost to themselves. In them we see our own enormous strength, the power of the drive of solidarity, of love-trust-dignity-communism (or whatever we want to call it). And we know that money is not all, that there is still hope in the world. In our shock we may not see a way forward, but in our helplessness we sense our own strength.

Almost a month has passed since I received Sabu’s invitation to write something and I am responding only now. Pressure of work, of course, the same pressure that causes disasters and drives the world to destruction. But also the feeling of helplessness, the feeling that there was nothing I could say. Yet sometimes it is important to say that, although words fail us, we are with you.

John Holloway
15 April 2011

About these ads

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s