From the Low-level Radioactive Zone – A Civil-Bio Society?

(Original text in Japanese below)

From the Low-level Radioactive Zone – A Civil-Bio Society?

Yoshihiko Ikegami

Iitate Village is located 40km away from the Fukushima Nuclear Power Plant (designated as an indoor evacuation zone). For a period of time the radiation level there was as high as what was monitored in the neighboring towns of Chernobyl. On March 30, IAEA staff went in to the village to monitor the level of radiation, and the meter pointed 2 million times higher than normal. Following this monitoring, the IAEA urged that the residents must evacuate. However the Japanese government insisted that no evacuation was necessary by hinting that IAEA’s monitoring was insufficient thus inaccurate, and presenting a far lower radiation rate. Two days later, the IAEA quietly announced that its monitored number was wrong without any explanations of the reason and ground of their previous measurement.

The primary concern for the residents in the Kanto Region including Tokyo is the minute by minute change the Fukushima Nuclear Plants undergoes. Whether it results in the worst-case scenario like meltdown and scattering of plutonium or it clams down – realistically this is but uncertain at the moment. Nevertheless, the government continues to make announcements that it will calm down without presenting any justification, and mass media follow that up with numerous comments made by proxy scholars that the situation is heading toward recovery. On the other hand, mostly via the internet journalists and experts are warning the public that they should be ready for the worst case scenario.

The next concern is the pollution level of drinking water, that is, tap water and farm products from within a vicinity of the Fukushima plant. Tokyo is largely relying on that region for its source of water and food supplies including vegetables. The government reportedly set the maximum amount of radiation to 10 to 100 times above the regulatory limits by WHO, naming it “a tentative measure in the state of emergency”. In other words, unless the contamination is excessive, it does not deem the supplies as legally contaminated. Although numbers show relatively high radiation level from farm products and water, they are measured based on the new regulation hence considered safe. And it judges as “undetected” the radiation bellow a certain degree (i.e., about 10 times higher than WHO’s regulation). Therefore we end up with having to check on TV and the internet the degree of radiation in vegetables and water on daily basis.

The government calls the information shared on the internet “rumors” and repeatedly urges the public not to believe them. In addition, a public advertising organization called Advertising Council Japan is airing a TV commercial asking people not to believe rumors and not to buy-up. (The head of the organization is the president of TEPCO.) The commentators in news programs single-mindedly repeat similar messages.

This is a warfare we are fighting everyday in the low-level radioactive zone. The situation reveals itself as a psychological warfare, which was a symbolic strategy during the cold war. While Communism was an imagined hypothetical enemy, what stands out in this situation is a neural battle fought over the information and its interpretation of the invisible entity called radiation. Then who is our enemy? For us, the more the word “safe” is repeated, the worse our worries become. What is the state doing? It is certainly in a tremendous fear of impossibility to control us the people.

Once higher radiation level is detected in tap water, the government announces that infants under 1 year old should refrain from taking it, but no safety is assured for children of 2 years and older. Then a newspaper article came as even more surprise! For instance, the Japan Pediatric Society announces that dehydration is more threatening than radiation in tap water, so children should not hesitate drinking water. The statement itself is not necessarily wrong — but the timing. What should we do? This is an information warfare over the body, of life itself, being fought as radioactive substances keep accumulating in our bodies.

The question is how long we could survive in this intensity of the situation. Our least defense and resistance are not to buy any vegetables, even when their radiation levels are lowered any bit.

Meanwhile mass media has begun a major campaign for urging us to buy and eat low-level contaminated vegetables. It is up to each individual to determine it as safe and eat it, however, what is it that a public campaign is launched to promote false safety? It is instigated in the name of justice to support farmers. The campaign does not seem to have achieved a dominant support. But the daily reminder of safety is quietly suggesting that those who question the government’s announcement are morally inferior. At the Meteorological Society of Japan, the president ordered its members to refrain from predicting radioactive scattering. The reason for it was not to stir up worries among people.

How could we make sense of this voluntary submission? The general public in Japan, who experienced The Great Japanese Empire in the past, are extremely sensitive to the issues of nationalism where an entire nation stand in unity to deal with problems. There are warnings against nationalism in the midst of this disaster, but this seemingly voluntary and moralistic attitude differs from nationalism. The advocators are not using phrases like “for the sake of our nation” or “for the emperor” like in the past, nor calling those who don’t follow the master narrative unpatriotic. Nationalism is not functioning in this low-level radioactive area at least so far. The enemy is not outside us the nation.

But there is a rising tendency to see that our moral enemy exists within. This morality, which originates in a psychological dilemma based on the body, is different from a typical sense of fascism, and is grounded on the body that accepts contamination. I would call this rising state: a civil-bio society. This uncanny form of society has not just begun its cycle in recent weeks, but has gradually been organized since the 90s. Then since the wake of the disaster, it has begun to take over a crucial part of the society. At this moment it remains as a tendency and has not come to play a major role; and it is not possible to determine whether it is rooted in the particularity of Japanese society or something more universal. Three weeks has passed since the nuclear accident, this is where we stand now.

04/03/2011

————————————————————–

低線量被爆地帯から――シビル・バイオ・ソサエティ?

池上善彦

福島原子力発電所から屋内退避地域外40キロに飯館村という村がある。この村は一時期チェルノブイリ近隣地域と同程度の放射能汚染が観測された。3月30日、IAEAはこの村に入り放射能測定を行い、通常の200万倍の値を検出した。IAEAは村民は避難するべきという勧告を行った。しかし政府はIAEAの計測方法は不充分であり、信憑性がないことをほのめかしながら、日本側が行ったIAEAよりかなり低い値の正統性を主張しながら、村は全く安全でありしたがって村民の避難は必要ない旨を宣言した。その二日後IAEAは、理由は分からずまた根拠も発表せず、自分たちが計測した数値が間違いであったとそっと発表した。
東京を含む関東地方での直接の関心事はまず第一に原子力発電所そのものの推移である。メルトダウン、プルトニウムの飛散という最悪の事態あるのか、あるいは事態は沈静化に向かっているのか。これは現実で言えば全く不明としか言いようはない。しかし、その根拠は全く不明であるが、政府は沈静化に向かうとアナウンスし続け、マスコミは御用学者を動員して、事態は言い方向に向かっているとのコメントを連呼している。民間の研究所あるいは専門家、ジャーナリストの主にインターネットを用いて発信する情報は、最悪の場合に備えよと警告を発し続けている。
次に関心があるのは、当然飲料水、特に水道水と原子力発電所周囲の農産物の汚染度である。東京の水源の多く、そして大都市の野菜を初めとする食料は多くはこの地方におっている。政府は非常時の暫定値と称して、WHOの基準値の10~100倍の値を最低限の値として定め、つまりかなりの程度汚染されていなければ汚染と認めなくした上で、水及び野菜の危険度を判定し、その多くは数値はかなり出ているものの、安全であり食しても何ら問題はないとして、警告対象外としている。そしてある程度以下は(それでもWHOの基準の10倍程度)は不検出としている(実際は検出されているはずである)。我々は日々水道水と野菜などの数値をテレビであるいはインターネットで確認して、その日の生活を考えなくてはならない羽目に陥っている。
政府は自分たちの発表する数値及びその解釈以外はデマと決めつけ、さかんにデマを信じないようにと繰り返している。さらに広告公共機構(AC:ADVERTISING COUNCIL JAPAN)と称する団体はデマを信じるな、買い占めを控えよと頻繁にCMを流している(この団体の代表は東京電力の社長である)。またニュース等でもコメンテーターを通じてこのメッセージは頻繁に繰り返される。
これが低線量被爆地帯に生きる我々の日々の攻防である。事態は心理戦争の様相を呈している。心理戦争とは冷戦時代を象徴する戦略であり、共産主義は観念的な仮想的であったが、この事態の特徴は、放射能という見えないしかし実体をめぐっての情報及びその解釈をめぐる神経戦である。しかしだとしたら敵は何か。安全は繰り返されればされるほど、不安はさらに増していく。国家はコントロール不能の事態を抽象的に恐れている。
水道水の汚染度が上がると、政府はとりあえず一歳未満の乳児は摂取を控えるようにとアナウンスする。二歳以上は大丈夫なのかという根拠は一切示されはしない。しかし新聞紙上にさらに驚くべき記事が出る。汚染された水を摂取する危険よりも、極度に怖れて水を飲まず脱水症状に陥る危険の方が大きいので飲んでも差し支えないという発表を小児学会が行うのだ。それ自体はあながち間違いではない内容をこのタイミングで発表するのである。どうすればいいのか。文字通り身体に蓄積されていく放射線物質をめぐり、身体そのものの、生命の情報戦なのである。
この緊張に我々はどこまで耐えられるのか。暫定的に基準値を相当程度上げられた野菜ではあるが、しかし少し下がったくらいではおいそれと買わないことは、我々のできる最低限の防衛であり抵抗である。しかし、ここのところ基準値が少しでも下がった野菜を積極的に買おう、食べようというキャンペーンがやはりマスコミを中心に開始されている。個人的に大丈夫だと判断して食するのは勝手であるが、これをキャンペーンで行うということはどのような事態なのだろうか。これは生産者を支援するという正義の名の下に行われている。このキャンペーンは連日さかんに宣伝されているにもかかわらず、まだ支配的にはなっていないように思われる。しかし、これはこの事態で政府が安全と宣言しているものに疑問を持つものは道徳的に劣るということを暗黙の前提にしている。また、気象学会では会長の指令で、放射能物質の飛来の予測を止めようという通達が出された。不安をいたずらに煽るというのがその理由である。
こういった自発的服従はなんといえばいいのであろうか。一般的に、またかつての大日本帝国を体験した日本では、挙国一致で事に当たるといったナショナリズムには極度に敏感である。こういった危機に当たってナショナリズムを警戒する声はかなりある。しかし、この自発的、一見モラリスティックに見える態度はナショナリズムとは別のものである。彼らは国家のためにと言っているのでもなく、かつてのように天皇のためにと言っているのでもなく、それに従わないものを非国民と言っているのでもない。ナショナリズムはこの低線量被爆地帯では、今のところではあるが、効いていない。敵は外にいないのである。
しかし道徳的敵は内にいるのかもしれないという勢力は徐々にではあるが、台頭の徴候がある。身体的なものに根拠を持つ心理的葛藤から生まれたこのモラルは、通常のファシズムの常識とは違い、汚染を受け入れる身体に根拠を置いている。私はこの事態を、あまり上手い言い方ではないが、シビル・バイオ・ソサエティと呼ぶことにする。この不気味な社会は急にこの事態になって生じたものではなく、日本においては九〇年代から徐々に形成されてきたものである。それがここにきて、ある一定の位置を明確に占めるようになって来つつある。しかしまだこの時点では、あくまで徴候の段階に留まっていて、これが今の社会の主流を占めるにはまだまだ至ってはいない。このことが日本社会の特質故にこの形態を取るのか、それともある程度普遍的なものなのかは、この時点では判別できない。原発事故から三週間、我々は現在、この位置にいる。

2011年4月3日

About these ads

2 thoughts on “From the Low-level Radioactive Zone – A Civil-Bio Society?”

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s